指原莉乃、愛猫に寄せられた“太り過ぎ”の指摘に言及「すごくデリカシーのないこと」

拡大画像を見る

 タレントの指原莉乃(28)が17日までにインスタグラムのストーリーズを更新。愛猫が病気になったことについて寄せられた、ファンからのコメントに言及した。

 この日、指原はストーリーズを更新し、病気になってしまった愛猫・ミヌエット五郎について報告。「入院して、あとはお薬の治療だけなんですが、『太り過ぎだからだよ、気をつけて』とファンの方から質問の時などよく届きます」「人間も猫も、病気の原因を他人が探るのはすごくデリカシーのないことな気がする。気をつけようと思ったし気をつけて欲しいな」と、愛猫が病気になった原因を探るコメントが寄せられることについての考えを述べた。

 その後、指原はファンから寄せられた「ごろうちゃんもふもふだから大きくみえるんだよね」とのコメントを取り上げて、「そうなの 病院の先生には体重安定してるしこれ以上増えなければ大丈夫と言われてる ありがとう!」と返信。その上で、「そしてそして昔からずっとみてくれてるファンの方は特にずっと心配してくれてたのにご報告遅れてごめんなさい!」「大きな症状は治って、あとはお薬だけです。いろいろ詮索されたりするのが悲しくなったりもするので、気になると思うんですが病名は公表しないようにしておきますね!いつも心配してくれてありがとうございます」と愛猫の現状を明かしつつ、病名は公表しないと明かしていた。

 指原の愛猫が一日も早く元気になることを願いたい。

※画像は指原莉乃のインスタグラムアカウント『@345insta』より

関連リンク

  • 5/17 11:42
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます