好きな男性に送って後悔した「真夜中のLINE」5パターン

好きな男性への想いを持て余しているときは、深夜に感情が爆発して、時間を顧みずに連絡したくなってしまうもの。しかし、「真夜中のLINE」ほど危険なものはないので、先達の失敗例を聞いて、自分を戒めたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「好きな男性に送って後悔した『真夜中のLINE』」をご紹介します。

【1】しつこいムード満点の「ねえ、まだ起きてる?」
「相手が寝てたら朝に見て『は?』だし、起きてたら『何の用?』だし、どっちにしろウザイと思われるはず…」(10代女性)というように、意味ありげに起きているかどうかを確かめてしまい、後悔しているパターンです。気まずくなりたくなければ、ちょっかいを出すのは明るい時間帯に留めておくのが無難でしょう。

【2】好意があるのがバレバレな「あなたの声が聞きたいな」
「付き合ってる彼女なら『かわいいな』と思うだろうけど、ただの知り合いの女だったらキモイですよね」(10代女性)など、「声が聞きたい」のが本音だとしても、片想いの段階でぶつけてしまうのはアウトかもしれません。夢でカレの甘い声を聞かせてもらえることを期待して、ひとまず布団を被って寝てしまいましょう。

【3】どんより重たい空気が漂う「私のことなんて何とも思ってないんでしょ?」
「寝てるか、もう眠い時間帯にめんどくさいことを言われたら、普通は引いてしまうと思う」(20代女性)など、深夜に絡むようなメッセージを送っても、好意的に受け止めてもらえる可能性は低そうです。相手の気持ちが見えずに悶々としているときほど、夜中のLINEは危険なので、なるべく自分を律するようにしたいものです。

【4】まだ付き合ってもいないのに「眠れないから、添い寝してもらいたい…」
「逆の立場で自分がこんなことを言われたら…と想像すると、相手に申し訳ないです」(20代女性)というように、勝手に妄想するだけならともかく、飛躍しすぎた願望を相手に伝えてしまうのはまずそうです。「要注意人物」として警戒されるおそれもあるので、嫌われたくなければ余計なことは言わないのが一番でしょう。

【5】いくらなんでも暴走しすぎ…!!「今すぐ会いたいよ」
「彼女でも何でもないくせに『会いたい』って赤面モノです」(10代女性)というように、ストレートな気持ちを全開にしてしまい、あとで「やらかした…」と悔やむ人もいます。これで好意が伝わらなければよほどの鈍感男なので、やってしまったら腹をくくって、「あなたが好きです」と正式に告白したほうがいいかもしれません。

送信ボタンを押す一歩手前で冷静になりたいものです。(田中健斗)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/17 11:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます