【オークス見どころ】白毛ソダシが無敗2冠制覇に挑む

拡大画像を見る

 無傷で桜花賞を制したソダシに注目が集まる。2冠目も奪取なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■5/23(日) オークス(3歳・牝・GI・東京芝2400m)

 ソダシ(牝3、栗東・須貝尚介厩舎)は白毛が光るクロフネ産駒で、現在土つかずの5戦5勝。前走の桜花賞では勝負強さを発揮して、ライバルたちを堂々退けた。ここに向けた調整も至極順調に進んでいる。距離延長をこなして、2冠達成を期待したい。鞍上は吉田隼人騎手。

 アカイトリノムスメ(牝3、美浦・国枝栄厩舎)はディープインパクト×アパパネという良血で、3連勝から挑んだ前走の桜花賞では4着。勝ったソダシとは0秒2差であり、まだ勝負付けが済んだとは言えない。得意の東京でリベンジを果たし、アパパネとの親子制覇なるか。鞍上は初コンビのC.ルメール騎手。

 ユーバーレーベン(牝3、美浦・手塚貴久厩舎)はゴールドシップ産駒で、昨年の阪神JFで3着。今年に入っても、タイトルには届いていないものの、フラワーC、フローラSで3着と安定して力を見せてきた。大舞台のここで惜敗続きのうっ憤を晴らせるか。鞍上はM.デムーロ騎手。

 その他、フローラSの覇者クールキャット(牝3、美浦・奥村武厩舎)、桜花賞3着馬ファインルージュ(牝3、美浦・木村哲也厩舎)、忘れな草賞を勝って駒を進めてきたステラリア(牝3、栗東・斉藤崇史厩舎)、2月のクイーンCで2着だったアールドヴィーヴル(牝3、栗東・今野貞一厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

関連リンク

  • 5/17 10:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます