『ロンハー』アンタ柴田、ロンブー亮“復帰組”のサシ飲みに「宮迫は?」重大疑問

拡大画像を見る

 5月11日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、アンタッチャブルの柴田英嗣(45)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(49)の“サシ飲みリアルトーク”が注目を集めた。柴田と亮といえば、互いに謹慎を経験し、コンビではツッコミという共通点もあり、芸人としてもほぼ同期。

 最初はお互いのコンビの結成のきっかけやコンビ名の由来などを話していた2人だが、亮が「思った通りいくことないよね」とこぼし、柴田も「自分だってね、まさか自分がお休みすることがあるだなんて想像もしないわけですよ」と続けた。これにスタジオで見守っていた2人の相方、田村淳(47)と山崎弘也(45)は思わずニヤニヤ。

 柴田は2010年に謹慎し、その後ピンとしては活動していたが、2019年にようやく再びコンビとして活動を再会。亮は2019年に謹慎し、2020年に淳が設立した事務所に所属して復帰、徐々にテレビ出演も増えてきた。亮も柴田も、謹慎中に自身が出ていたバラエティやワイドショーを全部見ていたといい、亮は『ロンドンハーツ』で宮下草薙の草薙航基(29)が自分の代役を務めていたのを見て「ありがとう」と思っていたと告白。

 亮の言葉に柴田は、「それってまだ、ありがとうありがとう、今とりあえず俺がいないポジションをやっててくれてありがとうって感じじゃないですか」と、いずれ元のポジションに戻れると「一切芸能界を捨てなかったってことですよね、自分の中でね」と指摘。亮は「そっか」とつぶやき、「あの会見したときも捨ててはないか……」と、あらためて自分の気持ちを振り返っていた。

 亮は、謹慎したての「メンタルがグッチャグッチャ」の頃、よく淳が会いに来てくれたとコメント。淳はその後も、事務所を設立して亮を所属させるなどサポートし続けており、柴田は「優しい」「すごいことじゃないですか」と感心。亮は「絶対俺だったらできない」とうなずいたが、「感謝はあるんだけど、やっぱ言えないよね、恥ずかしくて」「2人のときに“ありがとう”ってなんか……」と複雑な心境を語った。

■「やっぱり山崎にツッコミたい」

 一方で柴田も、相方の山崎について「正直、どんな人でも一応ツッコミとしてやれますけど、やっぱり山崎にツッコミたい」「そこが1番自分も生かせるし、山崎のことも生かせるのかなっていうのがあるので」とコンビへの思いを赤裸々に語り、スタジオの山崎も真剣な表情でこれを聞いていた。

 亮は、アンタッチャブルがくりぃむしちゅーの有田哲平(50)の『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)でサプライズ復帰したことに触れ、「ストーリーがあるとやっぱ、ドラマっぽく感じるよね」としみじみ。柴田も「なかなか作れないストーリーですからね」「10年間我慢するってなかなか作れないストーリーですよね」「感謝ですよ」とうなずいていた。

 柴田と亮の本音トークに、視聴者からは「2人とも謹慎を経て復帰したコンビ同士でいろいろあるんだね」「淳もザキヤマも茶々入れずに真剣に聞いてたね」「相方のことが大好きすぎる田村亮さんと柴田英嗣さんもいとおしい」「相方に対する思いと感謝が強い」「両コンビの相方愛が伝わってめっちゃ良かった」など感動の声続いた。

 一方、2人の復帰秘話に、雨上がり決死隊の宮迫博之(51)ついて「宮迫もアメトーーク見てるのかな」「宮迫チームは、昨日のロンハー見たかな?」と話題にしているお笑いファンもいた。一緒に会見を開いた亮は現在、『ロンハー』にも復帰しているが、宮迫は『アメトーーク!』(テレビ朝日系)他、地上波での露出がない状態。

 今年3月3日にテレビ朝日は、宮迫の『アメトーーク!』復帰について「現在のところ、予定しておりません」と回答。相方の蛍原徹(53)が番組を一人出続けているが、蛍原は今年2月に出演した『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に出演した際、「宮迫のおかげで今があるわけよ」と宮迫への感謝の気持ちを明かし、現状について「俺、なんか逆にどうしたらええねん!?」と頭を抱えていた。

 柴田、亮に続き、宮迫が相方への気持ちをテレビで語る日はくるのだろうか。

関連リンク

  • 5/17 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます