株価急落、遠のく3万円台 米国の長期金利が波乱要因(5月17日~21日)【株と為替 今週のねらい目】

拡大画像を見る

東京株式市場の日経平均株価が急落。米国でインフレ懸念が膨らみ、長期金利が上昇したことが波乱要因となった。一方、ドル円相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)が金融緩和策の長期化方針を堅持。引き続き、ドルに下押し圧力がかかりやすい状況が続いている。

どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

東京株式市場 米インフレ進行に警戒

日経平均株価予想レンジ:2万7500円~2万8500円

2021年5月14日(金)終値 2万8084円47銭

今週の東京株式市場の日経平均株価は、底堅い展開か。

前週の日経平均株価は、5月11~13日の3日間で2000円を超える下げとなった。週末にかけて上げに転じたものの、上値の重い展開となった。

今週の日経平均株価は、底堅い展開か。12日に発表された米国の4月の消費者物価指数が市場予想を大幅に上回ったため、インフレ進行を警戒し、米長期金利が上昇。米国株が大幅な下げとなった。

これを受け、前週の日経平均株価は大きく値を下げたが、米国でのインフレ懸念はいったん後退していることから、今週は大きな下げはなさそうだ。ただ、米国の経済指標の結果には神経質となっているため、引き続き、米国株や米国の長期金利の動向には注意が必要だ。

東京外国為替市場 くすぶる米長期金利の上昇

ドル・円予想レンジ:1ドル=108円50銭~110円50銭

2021年5月14日(金)終値 109円34銭

今週の外国為替市場でドル円相場は、ドルの上値が重い展開か。

前週のドル円相場は、ドルが強含みとなった。米国の4月の雇用統計が市場予想を下回ったことで、週初はドル売り・円買いの動きとなり、一時、1ドル=108円台前半までドル安・円高が進んだ。

しかし、12日に発表された米国の4月の消費者物価指数が市場予想を大幅に上回ったため、インフレ進行を警戒し、米長期金利が上昇したことで、ドル買い・円売りが急速に進み、1ドル=109円台後半までドルが上昇した。

今週のドル円相場は、ドルの上値が重い展開となりそうだ。ドル高要因となった米国のインフレ懸念、米長期金利の上昇が後退したことで、リスク選好のドル買いは弱まっている。ただ、インフレ懸念、米長期金利の上昇という火種はくすぶっているため、米国の経済指標の結果には神経質となっており、注意が必要だ。

経済指標は、国内では17日に4月の工作機械受注、18日に1~3月期GDP(国内総生産)速報値、20日に4月の貿易収支、3月の機械受注、21日に4月の全国消費者物価指数などが予定されている。

海外では、17日に中国の4月の鉱工業生産と小売売上高、18日に米国の4月の住宅着工件数、19日に米FOMC(連邦公開市場委員会)議事録(4月27~28日開催分)、20日に米国の4月の中古住宅販売などが予定されている。

(鷲尾香一)

関連リンク

  • 5/17 7:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます