【ヴィクトリアマイル結果】グランアレグリアが突き抜け圧勝! GI・5勝目!

拡大画像を見る

 16日、東京競馬場で行われたヴィクトリアマイル(4歳上・牝・GI・芝1600m)は、中団でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気グランアレグリア(牝5、美浦・藤沢和雄厩舎)が、直線に入って一気に突き抜け、2着の10番人気ランブリングアレー(牝5、栗東・友道康夫厩舎)に4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分31秒0(良)。

 さらにクビ差の3着に5番人気マジックキャッスル(牝4、美浦・国枝栄厩舎)が入った。なお、2番人気レシステンシア(牝4、栗東・松下武士厩舎)は6着、3番人気テルツェット(牝4、美浦・和田正一郎厩舎)は14着に終わった。

 勝ったグランアレグリアは、父ディープインパクト、母タピッツフライ、その父Tapitという血統。2000mに挑戦した前走の大阪杯では4着に敗れたものの、本領のマイルに戻って圧倒的な実力を見せつけた。GIは桜花賞、安田記念、スプリンターズS、マイルCSについで5勝目。また、鞍上のC.ルメール騎手はNHKマイルCに続く2週連続GI勝利、昨年に続くヴィクトリアマイル連覇となった。

【C.ルメール騎手のコメント】
 やっぱり強かったですね。彼女はスタートはそれほど速くないので中団のポジションになりましたが、外にいけましたのでリズムは良かったです。(直線は)素晴らしい手応えでした。自分からハミを取ってギアを上げてくれました。GIは5勝目ですが、また勝てると思います。

<ヴィクトリアマイルダイジェスト>

※スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

関連リンク

  • 5/16 15:45
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます