細田守監督自らが執筆!映画最新作『竜とそばかすの姫』の原作小説が発売

拡大画像を見る


6月15日(火)、角川文庫から、スタジオ地図が贈る細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』の原作小説が発売される。

世界中を魅了する細田守監督作品

2006年『時をかける少女』や2009年『サマーウォーズ』、2012年『おおかみこどもの雨と雪』、2015年『バケモノの子』、そして2018年『未来のミライ』と、日本のみならず世界中の観客を魅了し続けてきたアニメーション映画監督・細田守氏。

そんな細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』が、スタジオ地図が創立10周年を迎える今年7月に公開される。

監督自らが執筆した原作小説が発売

今回、最新作の全国ロードショーに先駆け、細田守監督自らが執筆した原作小説『竜とそばかすの姫』726円(税込)が発売される。なお、同作は6月30日(水)に児童文庫レーベルの角川つばさ文庫からも発売予定だ。

『竜とそばかすの姫』内容紹介

過疎化が進む高知の田舎町で父と暮らす17歳の高校生・すずは、幼い頃に母を事故で亡くしたことをきっかけに、心に大きな傷を抱えて現実世界では心を閉ざしていた。

ある日、“もうひとつの現実”と呼ばれる、インターネット上の超巨大仮想空間<U>に“ベル”というアバターで参加することに。ずっと秘めてきた比類なき歌声で、瞬く間に世界中から注目される歌姫となったすずは、<U>の中で“竜”と呼ばれ恐れられている謎の存在に出逢う。

同作は、歌が導く奇跡の出会いと成長の物語となっている。

映画と一緒に、小説でも『竜とそばかすの姫』の世界を楽しもう!

©2021スタジオ地図

  • 5/14 18:07
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます