デイジー・リドリーが心理スリラーに出演!5月前半に決定した見逃せない映画の配役7選

拡大画像を見る

ハリウッドでは、毎日どの俳優がどの映画に出演するか続々とニュースが報じられていますが、そのなかでも特に「これは注目しておきたい!」というキャスティングをまとめてご紹介。今回は5月前半編で、デイジー・リドリーやブルース・ウィリスらの新作が登場します!

ブルース・ウィリスが新作アクション映画『The Fortress』に出演!

https://deadline.com/wp-content/uploads/2021/05/Jesse-Metcalf-Bruce-Willis-Chad-Michael-Murray.jpg?w=681&h=383&crop=1

大ヒット・アクション映画『ダイ・ハード』シリーズでお馴じみのブルース・ウィリスが、3部作となる映画『The Fortress』に主演することが発表されました!

本作は、引退した米国諜報員のために設立された極秘リゾートが舞台に。ヴィランのバルザリーが率いる犯罪者グループが敷地内に侵入し、引退した将校であるロバートと彼の息子が悪に立ち向かう…という展開に。

ブルースがロバート役で主演し、その息子役をジェシー・メトカーフ(『大脱出2』)が演じ、バルザリー役にはチャド・マイケル・マーレイ(『フルートベール駅で』)がキャスティングされています。

第2作も続けて撮影が行われる予定!

アラン・ホースネイル(『Midnight in the Switchgrass』)が脚本を手掛け、製作総指揮に名を連ねているのはランドール・エメット(『アイリッシュマン』)、ジョージ・ファーラ(『大脱出』シリーズ)ほか。

今月、シリーズ第1作のロケがプエルトリコにて開始され、続けて第2作の撮影も行われるとのこと。第3作も将来的に製作がスタートする予定です。

ジョン・デヴィッド・ワシントンが、ギャレス・エドワーズ監督の『True Love』に主演!

SANTA BARBARA, CALIFORNIA - FEBRUARY 05: John David Washington attends the 34th annual Santa Barbara International Film Festival Virtuosos Award Ceremony at Arlington Theater on February 05, 2019 in Santa Barbara, California. (Photo by Tibrina Hobson/Getty Images)

名優デンゼル・ワシントンの息子として知られ、『TENET テネット』(2020年)などに主演しているジョン・デヴィッド・ワシントンが、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016年)で監督を務めたギャレス・エドワーズの新作映画『True Love』に出演することが明らかに!

タイトルからは恋愛映画のような印象を受けますが、『True Love』は近未来を舞台にしたSF映画で、現時点では年代設定やキャラクター、プロットなどの詳細は不明です。ニュー・リージェンシーが製作する本作でエドワーズが監督&脚本を務め、監督と『ローグ・ワン』でタッグを組んだキリ・ハートがプロデュースを担う予定。

なお、ジョンはタイトル未定のデヴィッド・O・ラッセル監督の新作映画にも出演が決定しています。

デイジー・リドリーが心理スリラー映画『The Marsh King’s Daughter』に主演!

LONDON, ENGLAND - FEBRUARY 02: Daisy Ridley attends the EE British Academy Film Awards 2020 at Royal Albert Hall on February 02, 2020 in London, England. (Photo by Gareth Cattermole/Getty Images)

『スター・ウォーズ』の後日譚トリロジーで主人公レイ役を演じてブレイクしたデイジー・リドリーが、心理スリラー映画『The Marsh King’s Daughter』に出演することが報じられました!

エル・スミス&マーク・L・スミスによる同名小説の映画化となる本作で中心となるのは、何年にもわたって荒野で娘ヘレナと妻を捕えていた悪名高き“マーシュ・キング”ことジェイコブ・ホルブルック。大人になり、自分の過去から逃れようとしていたヘレナの元へ思いがけず父親が舞い戻り、彼女が再び悪魔と対峙することになる…というストーリー。

マーシュ・キングを演じるのはオーストラリア出身で、マーベル映画『キャプテン・マーベル』(2019年)や『フッド:ザ・ビギニング』(2018年)などに出演しているベン・メンデルソーン。

『スター・ウォーズ』シリーズのキャストが共演!

ベンは、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でオーソン・クレニック役を演じており、デイジーとは『スター・ウォーズ』ユニバースの作品に出演した共通点があります。

『The Marsh King’s Daughter』でメガホンを取るのは、SFアクション映画『ダイバージェント』シリーズで監督・製作を務めたニール・バーガー。テディ・シュウォーツマン(『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』)、キース・レドモン(『レヴェナント:蘇えりし者』)らがプロデューサーに名を連ねています。

ブレイク・ライヴリーがアメコミの映画版『Lady Killer』に主演!

NEW YORK, NEW YORK - FEBRUARY 12: Blake Lively attends the Michael Kors FW20 Runway Show on February 12, 2020 in New York City. (Photo by Dimitrios Kambouris/Getty Images for Michael Kors)

ライアン・レイノルズの妻として知られ、最近では『シンプル・フェイバー』(2018年)や『リズム・セクション』(2020年)などに主演していたブレイク・ライヴリーが、ダーク・ハウス・コミックス出版による同名コミックスを下敷きにしたアクション映画『Lady Killer』で暗殺者を演じることが明らかに!

1950年代を舞台にした本作の主人公は家庭で母親、妻として完璧に役割をこなすジョジー・シュラー。実のところ彼女は高度な訓練を受けた暗殺者で、そんな二重生活を送るジョジーの正体を家族はつゆ知らず…という設定で物語が展開します。

映画版で脚本を務めるのは、青春映画『JUNO/ジュノ』でアカデミー賞オリジナル脚本賞に輝いたディアブロ・コディ。ジョジー役で主演するブレイクが、マイク・リチャードソン(『ヘルボーイ』)、ケイト・ヴォーホフ(『21ブリッジ』)らと共同でプロデュースも担う予定です。

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』の続編に新キャスト2人が決定!

PALM SPRINGS, CALIFORNIA - JANUARY 04: Edward Norton attends the Talking Pictures screening of "Motherless Brooklyn" during the 31st Annual Palm Springs International Film Festival on January 04, 2020 in Palm Springs, California. (Photo by Rich Fury/Getty Images for Palm Springs International Film Festival )

2019年に公開され、ライアン・ジョンソンがメガホンを取った大ヒット・ミステリー映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』。4月にNetflixが本作の続編2作の配給権を獲得したと報じられ、そのシリーズ第2作にエドワード・ノートン(『ファイトクラブ』)とデイヴ・バウティスタ(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)が出演することが決定しました!

現時点では続編のプロットやキャラクター設定は明かされておらず、エドワードとデイヴが演じる役柄は不明。ですが、ライアン・ジョンソンが脚本&監督&製作で続投し、以前に監督は、第1作とは違うキャストと新たな舞台がフィーチャーされる可能性を語っていました。

続編もオリジナルに負けない豪華キャストになりそう!

LOS ANGELES, CALIFORNIA - JULY 10: Dave Bautista attends the premiere of 20th Century Fox's "Stuber" at Regal Cinemas L.A. Live on July 10, 2019 in Los Angeles, California. (Photo by Rachel Luna/WireImage)

オリジナル版では、85歳の誕生日を迎えた世界的なミステリー作家で富豪のハーラン・スロンビーの殺害事件を、名探偵ブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)が解決する様が描かれ、クリス・エヴァンス(『アベンジャーズ』シリーズ)、トニ・コレット(『ヘレディタリー/継承』)、マイケル・シャノン(『シェイプ・オブ・ウォーター』)、ジェイミー・リー・カーティス(『ハロウィン』シリーズ)らが集結。

続編も第1作に負けない豪華な顔ぶれになりそうで、ブノワ役でダニエルがカムバックします。

ヘンリー・ゴールディングが、Netflixの『Persuasion』に出演!

NEW YORK, NEW YORK - JANUARY 11: Henry Golding speaks onstage during the Special NY Screening of "The Gentlemen" at the Alamo Drafthouse on January 11, 2020 in New York City. (Photo by Slaven Vlasic/Getty Images for STXfilms)

全米大ヒットとなり、アジア系俳優が主要キャストを占めたロマンチック・コメディ映画『クレイジー・リッチ!』で注目され、新作が目白押しの期待のアジア系俳優ヘンリー・ゴールディングが、英作家ジェーン・オースティンの古典小説「説得」の映画版となる『Persuasion』に出演することに!

Netflixが製作する映画版では現代が舞台となり、周りに説得されて婚約を解消した元恋人がヨリを戻すまで描かれます。

相手役はダコタ・ジョンソン!

ヘンリーは無神経なミスター・エリオット役を演じ、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』シリーズに主演したダコタ・ジョンソンがアン・エリオット役で出演するとのこと。原作でミスター・エリオットはアンの親戚で、男性がいないアン一家の相続人になる予定でアンにプロポーズする…という設定になっています。

ロン・バス(『ジェイン・オースティンの説得』)とアリス・ウィルロウ(『Hot Spot』)がペンを執り、ブロードウェイの舞台を演出していたキャリー・クラックネルが本作で映画監督デビューを飾る予定です。

ヒラリー・スワンクが『Speed Girl』で実在の女性カ―レーサーに!

HOLLYWOOD, CALIFORNIA - MARCH 09: Hilary Swank attends the Premiere Of Universal Pictures' "The Hunt" at ArcLight Hollywood on March 09, 2020 in Hollywood, California. (Photo by Tommaso Boddi/FilmMagic)

2度もオスカー主演女優賞に輝いた演技派のヒラリー・スワンクが映画『Speed Girl』に主演し、実在した女性カーレーサーのジャネット・ガスリーを演じることが明らかに!

ジャネットは、1970年代にNASCARカップシリーズの開幕戦デイトナ500と、世界三大レースの一つであるインディアナポリス500に出場した初の女性カーレーサー。もともとパイロットだった彼女はカーレースの世界で性差の壁を打ち破り、その名を歴史に刻んだ人物として知られています。

ヒラリーはジャネット役で主演するだけでなくプロシューサーも兼任。ステファン・タルティによる同名伝記小説が下敷きとなる映画版では、『アバター』シリーズでノーム・スペルマン役を演じるジョエル・デヴィッド・ムーアとラシ・バヤ(『The Cult』)が指揮を執る予定です。

関連リンク

  • 5/15 20:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます