『モンハン』実況で大事故を起こした狩野英孝 不本意なトレンド入りに「嬉しくねえ」

拡大画像を見る

勘違いしたナルシストキャラと「ラーメン、つけ麺、僕イケメン」の決め言葉で知られる、お笑いタレントの狩野英孝さん。

2019年12月からYouTubeで自身のチャンネル『EIKO!GO!!』を立ち上げ、いろいろな動画を公開しています。

中でも、ゲームの実況動画では狩野さんの天然な性格が活かされ、『Dead by Daylight』や『バイオハザード』などの動画が大ヒット。『ゲーム実況者』としても注目されています。

狩野英孝、『モンハン』実況で大事故を起こしトレンド入りに

狩野さんが新たに手を付けたのは、2021年3月26日に発売されたNintendo Switch専用ゲーム『モンスターハンターライズ』。

『モンスターハンター(通称:モンハン)』シリーズは、広いフィールドでモンスターと戦うアクションゲームです。

実況で、『トビカガチ』という名前のモンスターを狩るクエストを受けた狩野さん。

しかし、まったく違うモンスターである『ジュラトドス』や『ロアルドロス』を『トビカガチ』と勘違いし、およそ40分間戦い続けてしまったのです。

※動画では31分から

このクエストの制限時間は50分。視聴者が見守る中、狩野さんは45分以上かけてまったく異なるモンスターを倒す始末に。

『ジュラトドス』や『ロアルドロス』に対し「あなたがトビカガチですか…?」とうかがいを立て、討伐した後に「あなた誰ですか!?」と困惑する流れを繰り返しました。

終了の3分前になり、やっと本物の『トビカガチ』に出会うも、時すでに遅し。これまでの無駄な戦いでアイテムを使いすぎた狩野さんは、時間切れでクエストを失敗してしまうのでした…。

Twitterで話題になり『トビカガチ』がトレンドに

その後、狩野さんの盛大なやらかしはTwitterで話題になり、討伐し損ねた『トビカガチ』がトレンドワードに。

不本意といえるトレンド入りに、狩野さんは「嬉しくねえ~…」とツイートしています。

動画の最後には「ちょっとしたトラブルがありましたけれども、モンハンの楽しさは伝わったと思います」と気まずそうにコメントした狩野さん。

想定していた伝え方とは異なりますが、狩野さんのプレイによってゲームの面白さが多くの人に広まったようです。

[文・構成/grape編集部]

出典 モンスターハンターライズ@kano9x

関連リンク

  • 5/16 17:45
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます