中居正広も途中退席!薬丸裕英がシブがき隊のコンサートで味わった屈辱とは?

拡大画像を見る

「ジャニーさんに褒められたことって1回もないのよ」

シブがき隊時代の苦難を振り返ったのは、情報番組やバラエティに引っ張りだこの薬丸裕英。元男闘呼組の岡本健一と5月6日深夜放送の「TOKYO SPEAKEASY」(TOKYO FM)に出演し、ジャニーズ談義に花を咲かせた。話題が2年前に他界したジャニー喜多川氏におよぶと、屈辱的なエピソードを明かすこととなった。

 面と向かって褒められたことはなかったが、薬丸によれば、ジャニー喜多川氏は周囲のタレントに「シブがき(隊)のコンサートのトークを聞きに行け」とすすめていたという。
 
 その話を聞いた岡本は「おもしろいからね」と相槌を打ち、シブがき隊のトーク力の高さを改めて評価していた。その結果、当時のジャニーズの後輩たちがトーク目当てにコンサート会場を訪れたようだが、薬丸はこんな苦言を…。

「(コンサートを)見に来てた子がたくさんいて、『今日コンサート見させていただきます』って言って…。曲聴いてないのよ。トークになると入ってくるわけ。トーク終わったら出て行っちゃうっていう。失礼なJr.がいっぱいいたのよ」

 肝心の曲を聴かずに、MCのトークだけを聞いて退席していた後輩の中には、元SMAPのメンバーもいたようで…。

「SMAPの中居(正広)君も見に来てたって言ってて、のちに一緒に食事をした時に『じつはシブがき(隊)のコンサート見に行ったんですよ。トークだけ』みたいな(笑)」

 苦笑まじりに話した薬丸だが、レコード会社のスタッフを通じて「ジャニーさんが褒めてたよ。きみたちのトークを」と、間接的にではあるがジャニー喜多川氏の称賛の声は耳に届いていたという。

 1982年の歌手デビューから一気にスターダムを駆け上がったシブがき隊だが、後発の少年隊や光GENJIといったグループの台頭もあって1988年に解散。その決断には「役者をやりたい」という本木雅弘の強い意向がはたらいたと言われている。

「解散当時、薬丸さんだけは解散に反対の立場をとっていました。それにしても、ジャニーさんがデビュー当時から薬丸さんのトークの才能を見抜いていたとは驚くばかり。そしてジャニーさんのすすめで薬丸さんのステージを見ていたという中居さんも今や名司会者。そういう意味では、薬丸さんは歌や踊りではなくトークで注目されたジャニーズタレントの元祖と言えそうです。2人とも事務所を退所しましたが、現役のジャニーズタレントとの共演が許されているという点ではレアケース。薬丸さんにいたっては、今も自宅に少年隊の東山紀之さんを招いているそうですから、ジャニーズとの関係も良好で、テレビから干される心配はなさそうです」(芸能ライター)

 手越祐也や錦戸亮、山下智久といった“大物”がジャニーズを去ったが、テレビに出続けるには、やはり円満退社が絶対条件なのかもしれない。

関連リンク

  • 5/16 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • どーでもいい事だけどシブがき隊の中ではヤッくんが1番好きだった。当時は気付いてなかったが喋りが苦手な自分はそう言うとこに惹かれたのかも(✿^‿^)

記事の無断転載を禁じます