田中圭「初対面で先輩にタメ口」小栗旬に「ダセェ」でも愛される人間力

拡大画像を見る

 5月9日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、田中圭(36)が、ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で共演した眞島秀和(44)の「器の小ささ」を嘆いた。ゲストは田中の他、山田裕貴(30)、安藤優子(62)らが登場、それぞれが周囲にいる「器の大きい人」と「器の小さい人」について語った。

 田中は「器の大きい人」としてあるドラマで共演した寺脇康文(59)の名前を挙げ、当時田中は、新人女性マネージャーのミスで現場入りが遅れてしまったことがあったという。責任を感じたマネージャーがひどく落ち込んでいると、寺脇は「今日最後に思いシーンがあってずっと気が重かったから、それが最初にやれちゃってすごい気が楽になった。ありがとう」と声をかけたといい、田中は自分だったら「思いつかない」と感銘を受けていた。

 一方、「器の小さい人」として挙げたのが眞島で、田中がおいしいマーラータンのお店を教えたところ反応が薄かったにもかかわらず、ある現場で眞島が後輩たちに我が物顔でその店をオススメしているのを目撃。田中は手柄を横取りされたと感じ、今でも根に持っていると語った。

 その後、眞島がVTR出演し「(手柄を)横取りしたつもりはないですね」「そもそも、あいつの店じゃないし」と、田中の言い分に猛反発。眞島は、田中自身もその店を永野芽郁(21)から教えてもらったと暴露し、「アイツが俺のことを器が小さいって言うのであればですけど、いやおまえもじゃん! ってなりますよ」「どっちが器小さいかって言ったら、田中圭なんじゃないかなっていう」と主張。これを見た田中は、「ちっちゃいなぁ~」と苦笑い。

■「全く気にしてない俺は」

 さらに眞島は「全然気にしてないですけど」と前置きしつつ、田中が歳下なのに初対面から「めちゃくちゃタメ口」だといい、「そういうのを許してる、全く気にしてない俺は、そんなに器は小さくはないと思いますけどね」と首をひねっていた。この眞島の主張にスタジオは大爆笑、MCの東野幸治(53)は「どう考えても、全員の意見ですけど、器小さいです」とツッコんでいた。
 
 田中と眞島のやり取りに、視聴者は「いやどっちも器小さくないか?w」「どっちがより器が小さいかの勝負に見えた(笑)」「仲良しか」「見ててほほ笑ましさしかなかった」「眞島さんの圭呼びも聞けて満足」「器のちいさい眞島さん、かわいかった」など、盛り上がっていた。

 先輩や後輩との交友関係が広い田中だが、5月1日放送の『人生最高レストラン』(TBS系)では、昔はスタッフや先輩後輩と飲みに行くことがなかったという。その理由は「媚びてるみたい」と感じており、人間関係で仕事を取っていると思われるのが嫌だったと告白。田中は「すごい言い方悪いんですけど、あえて言いますよ」といい、「旬くんがそういうタイプだったんですよ」と、事務所の先輩でもある小栗旬(38)の名前を挙げ、当時は「ダセェ」と思っていたという。

 しかし、自分も経験を積み、今では率先して飲み会にも参加するという田中は、MCの加藤浩次(52)に「それ気づいたときどう思いました?」と聞かれ、「ああ、旬くんこうだったんだな。すみませんでしたって思いましたよ」と反省していた。

 今の田中があるのも、器の大きい先輩たちのおかげ!?

関連リンク

  • 5/16 17:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます