暑い日に窓の外で昼寝をしていたのは? 「かわいすぎる」「うらやましい」

拡大画像を見る

ドイツで暮らす写真家の男性が写した、1枚の写真が話題になっています。

ルートヴィヒ・C・ティムさんはある日、浴室の窓の外に木の枝が積み上げられているのに気付いたのだそう。

それからまもなく、彼はそれが野生のリスが作っている巣だということを知ります。

ウェブメディア『The Dodo』によると、リスの母親がそこで子育てをするつもりだと分かった彼は、リスの親子を温かく見守ることにしました。

リスの親子の昼寝姿にメロメロ

ルートヴィヒさんは毎日、リスたちを邪魔しないようにしつつ、親子の日常生活を観察していました。

するとある日、彼はとても珍しい光景を目にしたのです。

彼がすかさず持っていたスマートフォンで撮った写真がこちらです。

Die Eichhörnchen haben ihren Kobel direkt an unser Badezimmerfenster gebaut. Bei 28 Grad haben die Nachwuchshörnchen,...

Posted by Ludwig C. Timm on Sunday, May 9, 2021

窓際で気持ちよさそうに昼寝をしているリスたち。

無防備にスヤスヤと眠る子供たちを守るように、リスの母親は穏やかな表情で寄り添っています。

この写真は1500回以上シェアされ、たくさんのコメントが寄せられています。

・かわいすぎる親子!

・ハートがとろけそう。

・うらやましい!私も窓の外にリスのルームメイトが欲しいわ。

ルートヴィヒさんによると、実はこれはとても珍しいことだといいます。

リスたちは普段は巣の中で昼寝をしているので、外からその姿は見えないのだとか。

ところがこの日は気温が28℃と暑かったため、リスたちは巣の外で寝ていたようです。

ルートヴィヒさんは「寝ているリスの写真が撮れたのはすごくラッキーです」と話しています。

安心しきっている子供たちの寝顔と、ほほ笑むような母親リスの表情は、まるでディズニー映画のワンシーンに出てきそうですね。

動物を愛する写真家がとらえた貴重なリスの寝顔に、多くの人がメロメロになりました。

[文・構成/grape編集部]

出典 Ludwig C. TimmThe Dodo

関連リンク

  • 5/16 13:24
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます