才能を開花させる方法が分かる!工学博士による“算命学”の書籍が発売


自由国民社から、持って生まれた才能を知り、最大限に活かす方法を知ることで誰もが自分らしく輝く人生の主人公になれる「『王者の成功占術』 ~工学博士が見つけた才能を開花させる方法~」が、5月28日(金)より発売される。

工学博士が“算命学”を徹底分析

「『王者の成功占術』 ~工学博士が見つけた才能を開花させる方法~」1,540円(税込)は、東洋に3千年伝わる王者の占術“算命学”に従い、持って生まれた才能のタネを見つけその活かし方を知り行動することで、誰もが自分の力で無理なく運命を変えることができ、“人生の王者(主人公)”になれるという一冊。


著者の篠田 法正(しのだ ほうせい)氏は、工学博士学位を持ち、手術用の溶ける糸などを開発し、特許も100件以上出願した研究者だ。40代半ばに新たな挑戦を求めて会社を辞め、経営コンサルタントとして独立起業。しかし売上が思ったように伸びずひどく落ち込んでいた際に算命学に出会い、自分が宿命的に持っている才能を活かしていないことに気づく。

篠田氏は、自分の宿命にしたがって才能を最大限に活かすように働き方を変えたところ、苦労していた集客が楽になり、売上が急増。算命学で運命を変えられると感じた篠田氏は、理系思考で10年以上にわたり算命学を研究。単なる占いとしてではなく、人生を好転させるための自然界の法則(東洋運命学)として捉えた。

算命学をベースに才能を分析


同書では、算命学をベースに「才能」を10タイプ×5のチャートで分析、誰もが自分の力で運命を変えることができるよう解説している。

本の中に記載されているQRコードを読み取って判定サイトに入り生年月日を入力すると、表示される宿命チャートから自分の才能のタネを知ることができる。10万通りあるパターンの中から、自分らしく輝く人生の主人公=人生の王者になるための方法を学ぶことで、誰もが自分の力で運命を変えることができるようになるという画期的な占術だ。

「『王者の成功占術』 ~工学博士が見つけた才能を開花させる方法~」を手に取り、個性と才能を最大限にいかして、自分の運命を切り開いてみては。

画像をもっと見る

  • 5/14 18:07
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます