あなたもやっちゃってる?下手なキスの特徴紹介します

拡大画像を見る

恋人の仲を深めるスキンシップといえば、キスですよね。でも、キスが下手だと気持ちが冷めてしまうことも......。
今回は、下手なキスの特徴を4つ紹介します。


力が入っている

経験が少ない女性にありがちなのが「力が入っている」キス。
緊張のあまり「直立不動で目が開いている」なんてことも少なくありません。恥ずかしいのはわかりますが、キスのときはリラックスするのが重要。
力が入っていると、緊張だけが相手に伝わってしまい、キスを楽しめません。「どうしてもリラックスできない」人は、彼に抱きついてからキスしましょう。好きな人に抱きつくのは、緊張をほぐすのに効果アリですよ。


歯があたる

キスのときに「歯があたる」と、気持ちが萎えてしまうことも...。口を開けるタイミングが合わないと、歯があたることがあるんだそう。情熱的なキスは気持ちを盛り上げますが、積極的すぎるのはNGです。
キスはコミュニケーションの1つ。相手のペースに合わせるのも大切なんですよ。
彼の動きに合わせると、下手なキスから脱却できるかもしれません。


鼻息が荒い

キスをしているときに、相手の「鼻息が荒い」と、不快に感じてしまう男性は少なくありません。フガフガと鼻息がもれていると、せっかくのムードが台無しになってしまうことも...。
息苦しくなると鼻息が荒くなってしまうので、息つぎを意識するようにしてくださいね。


唇を閉ざしている

「唇を閉ざしている」のも、下手なキスの特徴。緊張のあまり、唇を閉ざしてしまうのは仕方ないことかもしれません。
でも、あまりに唇を固く閉ざしていると「心を開いてくれていない」と感じてしまう男性もいるので要注意。彼を不安にさせないためにも、キスに慣れていないことを伝えておきましょう。

緊張しすぎると、下手なキスになってしまうので要注意。肩の力を抜いて、彼とのキスを楽しんでくださいね!
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/15 19:45
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます