成田凌、トータス松本と『おちょやん』“嫌われコンビ”再会に笑顔

 俳優の成田凌が15日、都内で実施された主演映画『くれなずめ』の公開記念舞台あいさつに高良健吾、若葉竜也、藤原季節、目次立樹、ウルフルズのトータス松本、松居大悟監督とともに登壇。14日に最終回を迎えたNHKの連続テレビ小説『おちょやん』で共演した松本との再会を喜んだ。

 本作は、松居大悟監督の実体験をモチーフに書かれた完全オリジナルの舞台劇の映画化作品。友人の結婚披露宴で余興をするべく5年ぶりに集結した、高校時代の仲間6人の間で、結婚式と披露宴の二次会の間に起きた出来事を描く。

 政府の非常事態宣言に伴い、延期を経てようやく公開された本作。成田は公開を待つ間は「いつ公開され、どういう風に全国の皆さんに届くのか、とても不安でした」と心境を吐露。

 高良は、公開をPRすべく「今回ほど『SNSやろうかな…』と思ったことはない」とコメント。「ただ僕、(SNSは)向いていないから絶対やらないほうがいい」と断言し、会場の笑いを誘った。

 成田と松本は、『おちょやん』で共演した間柄。成田は、女癖の悪さが災いして千代(杉咲花)と離婚する天海一平を、松本は""朝ドラ史上最低の父"と呼ばれた竹井テルヲを演じた。

 成田はサプライズゲストとして登場した松本を迎え、アクリル板越しに対面。「なかなかいいんじゃないですか。日本で今一番嫌われている男2人で」とニヤリ。松本が「嫌われてたな〜」と成田を見ると、成田も「お互い様です」と笑った。

 松本は、本作の主題歌を担当。オファーを受けた当初は「編集したばっかりの映画だけ見せてもらって、ぜんぜんアイデアがなかった。『うわ〜、これどうしよう』と思った。僕らの曲も取り上げてもらっている映画だからビビっていた。こんなご時世だし、(映画の)完成も先になりそうだということで『ぼんやりフェードアウトできたらいいな…』と思った(笑)」と本音をポロリ。

 「そうこうしていたら成田君と(『おちょやん』の)仕事で会うことになってスルーできなくなった。『映画見たよ、どんな曲がいいと思う』と本音で聞いたら、(成田が)『やってくれるんすか!?』みたいなテンションで来たから『はぁ、もうこれは断れないな…』と思った」と舞台裏を明かした。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/15 15:45
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます