元キャバ嬢社長・桜井野の花、エンリケとトラブルに!? 「100万円不正利用」めぐり意見の食い違い……「凄く腹立だしい」と激怒

拡大画像を見る

 元トップキャバクラ嬢の“エンリケ”こと小川えりと、かつて「キャバ嬢社長」として名を馳せた桜井野の花の間に、衝撃のトラブルが発生していたことがわかった。

 5月11日、エンリケは自身のYouTubeチャンネルに「桜井野の花を呼び出してガチで説教した」という動画をアップ。桜井も同日に「エンリケさんのカードを不正利用した件についてご報告と謝罪。」と題した動画を投稿し、2人はそれぞれトラブルの詳細を語っている。

「エンリケが公開した動画によると、昨年12月25日、当時桜井が代表を務めていたキャバクラ店を訪れた際、店内で財布を落としたことに気づかないまま、店を後にしたとのこと。その後、エンリケの財布を拾った従業員が、財布に入っていたクレジットカードを約100万円も不正利用した上、財布をどこかに捨てたというのです。エンリケは『盗んだ人をお店に置いとっちゃアカン』と桜井に忠告したものの、『辞めさせられない』『みんなそういう人ばっかなんで、クビにしたら全員辞めなきゃいけないんで』と言われたといいます」(芸能ライター)

 一方、桜井は動画内で、エンリケのクレジットカードを不正利用したのが自分の店の従業員だとわかると、本人に直接謝罪するよう促したと告白。最終的に、エンリケに謝罪した後、桜井が従業員に付き添って警察に行き「自首させた」と明かしていたが、「従業員は自分の子どものようにずっと思っていた」とも語っており、複雑な思いを抱えているようだった。

「エンリケは警察に被害届を提出し、不正利用された分はクレジットカード会社から補償されたそうで、問題そのものはすでに解決している様子。しかし、ネット上では、桜井がエンリケに『盗みを働いた従業員を辞めさせることはできない』と言ったことを問題視している人が多く、エンリケの動画のコメント欄には『みんなそういう人だから辞めさせられないって……ゾッとする』『エンリケちゃん、もう桜井とは関わらないで!』『これは縁切らないとダメだと思う』といった声が寄せられています」(同)

 こうした事態を受けて、桜井は同13日に自身のTwitterを更新し、くだんの従業員は「その日にクビにしました」と説明。その上で「エンリケさんに辞めさせずらいと言ったのは こうゆうケースがあっても歌舞伎町は そうゆう事をする人達ばかりだから 実際は選別するのが難しいと言う雑談で 私の店では即クビです」「事実、その従業員がうちのお店の敷居を 跨ぐ事はその後一切なかったし 違った情報が事実かの様に拡散されてる事が 今、凄く腹立だしいんですけど。なにこれ」(原文ママ)と、怒りをあらわにしていた。

「エンリケの動画だけを見ると、従業員を辞めさせるべきだと忠告しても、桜井が『辞めさせられない』と断りを入れたという話の流れでした。エンリケは動画内で『悪いことをした人は罰せられたほうがいいって思う人だから、それができなかったのが残念』とも話しているため、桜井がトラブルのもととなった従業員を解雇しなかったと、視聴者が捉えるのは当然でしょう。実際、桜井のツイートには『エンリケさんの動画だけだと、勘違いする人が多いと思います。私も辞めさせてないんだと思いました』『2人の動画をちゃんと見てようやく、従業員が辞めたんだとわかりました』といったリプライが飛んでいるほか、エンリケ側に訂正を求める声も出ています」(同)

 クレジットカードの不正利用トラブルは解決したものの、お互いがYouTube動画で明かした内容の食い違いから、新たなトラブルにつながりつつあるエンリケと桜井。この動画がきっかけとなり、2人の関係に溝が生まれなければよいのだが。

  • 5/15 10:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます