『心霊スポットレポ漫画』に多くの人がゾッとした理由 読み進めていくと…

拡大画像を見る

「心霊スポットに行った時のレポ漫画です」

そんな一文とともに漫画をTwitterに投稿したのは、漫画家のスズキダイチ(@chixida1106)さん。

内容は、大学時代の先輩から肝試しに誘われるところから始まります。ひょんなことから近所の心霊スポットへ行き、実録漫画を描くことになったそうです。

到着した先にあったのは、一見普通の民家。多くの人を震え上がらせたこの先の展開は、ご自身の目でご覧ください。

2ツイートぶんで終わる『実録漫画』というていで始まった、スズキさんの作品。7ページ目から急に絵のタッチが変わり、この漫画が創作だったことが明かされます。

主人公はスズキさんではなく、1人の女性。6ページ目までの実録漫画は、彼女が描いた作品だったのです。

実録漫画では「よく来たねえ」と声をかけられたところで、2人は逃げ帰っていますが、実際は謎の団体によって先輩は家の中に閉じ込められてしまいました。

ネットで拡散され続ける彼女の実録漫画が、新たな人をおびき寄せるための罠だということは誰も知らないことでしょう。

漫画ならではの手法を使ったスズキさんのホラー漫画は、多くの人を驚かせました。

・うまい手法だなあ。予想外の展開に鳥肌が立った。

・「ふーん、よくあるレポ漫画ね」って軽い気持ちで読んだら、ゾクッとした。

・創作漫画ってネタばらしされても怖すぎる。深夜に読むんじゃなかった…。

どこからどこまでがフィクションなのかが分からなくなり、読んでいると不安を感じるスズキさんの作品。

もしかすると、「この漫画はフィクションです」という最後の注意書きもウソかもしれません…。

[文・構成/grape編集部]

出典 @chixida1106

関連リンク

  • 5/15 13:17
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます