神戸・元町映画館×安楽涼・片山享 共同監督作『まっぱだか』今夏、元町映画館にて先行ロードショー決定

拡大画像を見る

元町映画館が開館10周年を迎え、監督作を公開し続けてきた安楽涼と片山享が、映画館とタッグを組み長編映画を製作。W主演には柳谷一成、神戸で俳優業をしている津田晴香。全編神戸・元町ロケを敢行し、“めんどくさくて愛おしい男女の喜劇”が誕生。

 

『まっぱだか』

 
今夏 公開予定
元町映画館にて先行ロードショー

<あらすじ>
現実を受け入れられない俊(柳谷一成)と現実の自分ではなく他人から求められる自分に翻弄されているナツコ(津田晴香)。
ある日、そんな2人が出会い、そして同じ時を刻んでいく…
葛藤と葛藤のぶつかり合いは、いつか笑いへと昇華されていくのだろうか。

出演:柳谷一成、津田晴香、安楽涼、片山享、タケザキダイスケ 大須みづほ 他
監督:安楽涼、片山享 脚本:片山享、安楽涼 撮影:安楽涼、片山享
録音・整音:杉本崇志 音楽:藤田義雄 主題歌:Little Yard City「Walk With Dream」
企画・配給:元町映画館

2021年/日本/99分/カラー/ステレオ/アメリカンビスタ/DCP
 
 

©元町映画館

 
 
監督プロフィール 安楽涼
東京都江戸川区西葛西出身。1991年生まれ。18歳のときに役者としてキャリアをスタートし、その後、自分が出演したいが為に映画制作を始める。
映像制作ユニット「すねかじりSTUDIO」では、映画やMVの監督として活躍。『1人のダンス』、『追い風』と劇場公開作が続き、本作が3本目の長編映画となる。
 

 
 
監督プロフィール 片山享
1980年福井県鯖江市生まれ。大学卒業後から俳優活動を開始。また2017年より映画監督しても活動を開始。
初長編映画『轟音』は、北米最大の日本映画祭であるJAPANCUTSに日本代表として選出、またシッチェス映画祭でもブリガドーン部門にノミネートされた。本作が長編3作目となる。
 

 
 
元町映画館 コメント 
めんどくさい2人は、あなたであり、私でもある。元町を舞台に、こんなにも愛おしい映画が生まれたことに感謝!
 
 

関連リンク

  • 5/14 12:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます