日向坂46 加藤史帆『CanCam』でも“センター”、初の単独表紙飾る

拡大画像を見る

日向坂46の新曲『君しか勝たん』で自身初の表題曲でのセンターを務めることが決まった加藤史帆が、 ファッション誌でも初のメモリアル。専属モデルを務める『CanCam』(小学館)で初の単独表紙を飾る。


加藤は、 2019年に日向坂46初の専属モデルとして『CanCam』に仲間入り。 癒やし系キャラで同誌のカワイイを体現するとともに、 同じ専属モデルを務める乃木坂46の松村沙友理、 山下美月と“坂道三姉妹”としても人気を博してきた。


単独表紙となった7月号では、 夏を感じる赤いチェックのビスチェを着て、 等身大の大きなクマのぬいぐるみと撮影。 7月号の特集「私らしく、 恋したい♡」のテーマにちなんで、 編集部が「クマを好きな人だと思ってギュッとしてみて!」とオーダーすると、 「え~誰のことを考えよう・・・、 (秋元)真夏さんかな♡」とつぶやきながら、 和やかな雰囲気で撮影がスタートした。


撮影中は、 日向坂46の「キュンキュンする曲」をメドレーでかけながら恋する気持ちを高めて臨んだ本人。 大好きなクマをギュッと抱きしめてのLOVEがいっぱいの表紙になっている。


単独表紙が決まったときの感想についてはこのように振り返る。

「3月のライブの終わりに、 スタッフさんから「話がある」と呼ばれて。 「表紙が決まりました!」って予想外の言葉が! 「え!本当に!」って何回も疑っちゃいました。 でも、 めっちゃうれしくて、 たくさん涙が出てきました」


専属起用から約2年半。 初表紙を記念した特集ページでは、 「もともとカメラの前で笑うことも出来なかったような」私が、 “自分らしいモデル“を見つけるまでの葛藤と成長の日々を語っている。


アイドルとしてもモデルとしても一気にセンターに! そんな成長著しい“かとし”の姿に、 CanCamスタッフからは特集ページでこんなエールが綴られる。 「歌って踊って、 笑って泣いて。 へにょへにょしているけど、 モデルとしてもアイドルとしても急成長中! そんなかとしが大好きだよ――♡♡」。

みんなに愛されながらのドキドキの初表紙は、 5月21日発売の『CanCam7月号』で、 ぜひチェックしてほしい。

CanCam公式YouTubeチャンネル(5月21日公開予定)では、 初めての表紙撮影の裏側に密着。 撮影を終えて、 大好物のどら焼きを頬張り、 ホッとひと息つく「素のかとし」が見られる。

関連リンク

  • 5/15 10:37
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます