出川哲朗、マリエにブチギレ反撃開始!?週刊誌も魅了「裏表ゼロ」リアルガチ秘話!

拡大画像を見る

 モデルでタレントのマリエ(33)による、インスタグラムでのライブ配信で、“枕営業”強要加担を名指して批判されたお笑いタレントの出川哲朗(57)が5月13日、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演し、あらためて自身の潔白を主張した。

 4月4日、マリエはインスタでライブ配信を行い、15年前の18歳当時、島田紳助氏(65)に枕営業を強要されたと告白。さらに、その場には出川哲朗(57)らも同席しており、「いいじゃん、マリエちゃんやりなよ」と煽っていたとも暴露したのだ。

 5月13日の『ダウンタウンDX』では、姓名判断による出演者の「運勢ランキング」を発表。企画内容を聞いたMCのダウンタウン・松本人志(57)は、出川を見つめながら「順位がわかるんでしょ?」「絶対、てっちゃん悪いでしょ」とコメント。

 これに出川は「いやいやいやいや、大丈夫ッス。僕100%言ってません! もう本当に」と反論。具体的な名前は出さなかったものの、マリエの告発に対して言及したものと思われる。

 これを受け、松本は「これはもうしょうがない。“ワーッ”てやったって。静かにしとくしか」とフォローすると、出川は「これから事実が判明しますから、大丈夫です、大丈夫です」と笑顔で応じた。

 しかし、占い師からは姓名判断で「50歳から運気が下がる」と指摘されてしまう。これに出川が「先生、逆ですよ! 50歳になってから自分の番組持たせてもらったり、CMとかいっぱい……」と反論すると、またも松本から「俺の知る限り、てっちゃんにトラブルなんてないけどな」とイジられてしまった。

 さらに出川は「まさに今なんですよ! それまでは人生何のトラブルもなく、むしろすごいいい感じで……」と抗議し、出演者らの笑いを誘った。

 マリエはライブ配信で「出川さんがテレビに出てるのも大嫌いだし、出川さんがCMに出てるのもマジで許せない」と出川を名指しで批判したものの、出川は今回、「100%言っていない」と否定したのだ。

■マリエの告発に大激怒しているという出川

「番組では笑いを交えて否定しましたが、出川さんはマリエさんの告発に大激怒しているといいます。あの暴露から1か月以上が経ったわけですが、出川さんは周囲の仕事関係者に対し、告発行為に怒っていると明かしているといいます。一番は、仕事でかかわっている人たちに迷惑がかかっていて申し訳ない、という気持ちから。

 出川さん本人は、マリエさんが告発したようなことは“マジでない”と断言していて、4月9日に所属事務所社長の名前で否定コメントを出していますが、それは事務所が主導したものではなく、出川さんが怒りを露わにしたことで、しっかりと反論コメントを出したということのようです」(お笑いプロ関係者)

 マリエが紳助氏に枕営業を提案されたのは、2003年4月から2008年3月まで放送された『世界バリバリ☆バリュー』(TBS系)の打ち上げでのことだとされる。同番組は紳助氏がMCを務め、パネラーとして出川、そしてマリエも出演していた。

「出川さんが“本当にそんなことはなかった”と主張しているのは、番組の打ち上げには本当にたくさんの人が参加していたからだそうです。よくよく考えてみれば、そんなにたくさん人がいる席で、マリエさんが告発したようなやりとりをすることは容易ではないですからね。

 マリエさんが告発をした当初は出川さんに対して厳しい声が上がりましたが、マリエさんがさらなる詳細を語らないまま1か月あまりが経過し、出川さんを擁護する声が増えてきていますよね」(前同)

 ネットには、「正直、マリエの件に関して本当かウソかは別にして事実なんて分かりようがない話じゃん。言った言わないの世界なんだしさ」「昔の話だし証拠もないから、今になって責任どうこうってことでもないとは思う」「告発したらそれが真実になる訳でもあるまい。告発したらそれを証明する責任がある」といった声も上がっている。

■週刊誌記者をも魅了する出川の“愛され力”

 ワイドショー関係者は話す。

「かつて出川さんといえば“抱かれたくないタレント”の絶対的チャンピオンでした。しかし、今では“愛されキャラ”として老若男女問わず人気で、好感度も抜群。番組やCMにも引っ張りだこです。それは、彼が本当にいい人だからでしょうね。

 芸能人にとって週刊誌記者は“敵”のはずですが、出川さんを取材すると、記者も彼のことを好きになってしまう。それほどまでの人柄なんです」

 2007年7月の『FRIDAY』(講談社)では、当時43歳の出川が男友達と4人で沖縄・石垣島や竹富島に旅行に行き、現地で女性陣と合流し、ハメを外していたと報じている。

 出川は女性に対して下ネタ全開で、「俺のイチモツはデカい」「自分じゃできないから座薬を入れてほしい」などと話していたという。

 東京に戻った出川を記者が直撃すると、出川は愛車のポルシェを停め、車内に記者を招き入れて「一緒にいた女の子は現地で知り合った、ただの友達です」とし、「下心はなかった?」という質問には「ないない。裁判で争ってもいい」と話している。

「出川さんは『バリバリ☆バリュー』のピッタリ賞の景品で、たびたび沖縄を訪れていたといいますから、まさにマリエさんが告発した時期のことですよね。わざわざ車を停めて、中に記者を招き入れて、いつものテレビと変わらず“勘弁してくださいよ~”と言いつつも、正直にしっかりと話してくれたわけです。しかも『FRIDAY』には、少々わざとらしい車の中で落ち込む顔まで撮らせてくれている。

 本当に誠実で、だけどポンコツだから面白い。“これはちょっと誤魔化しているな”と思っても、誠実に対応をしてくれるので、記者も“これ以上、追及するのは野暮かな”となるといいますね。

 それで記者も出川さんのことを好きになってしまうんです。出川さんはテレビでもプライベートでも裏表がなく、不器用ながらも必死に生きているんだな、ということが伝わってくるんですよね。ただ、下ネタ好きの一面もガチなようですが……」(前同)

■『FRIDAY』のカメラマンと連絡を取り合う仲

 2017年9月の『女性セブン』(小学館)では、出川を愛してやまないタレントの松村邦洋(53)が出川の魅力について語っている。

 出川や松村、森三中の黒沢かずこ(42)などが飲み会を行っていたところ、その場に『FRIDAY』のカメラマンが来たことがあったという。自分たちを狙っていると思っていたら、同じ店に来ていた有名な俳優と女優を狙っていたようだ。

 これに出川は「まっちゃん! 黒沢と手をつないで歩けよ! 『FRIDAY』に載ろうよ」と提案したという。

「ただ、張り込みの情報は事前に『FRIDAY』のカメラマンから出川さんに入っていたそうなんです。過去に直撃取材を受けた際に“記者さんと友達になったんだ”と言っていたそうです。それほど、出川さんは誰とでも打ち解けてしまうということですよね」(前出のワイドショー関係者)

 最近の話では、今年2月の『女性セブン』が、16年間住んだ家から新居に引っ越したという出川に直撃取材を敢行している。

 記者から「5億円も年収があるのに家は買わないのか」と質問されると、出川は「そんなにない! それ夢ですよ。僕のギャラ、1本の単価安いから。ここ(新居)の家賃もそんなに高くないし」と応じている。

「ここでもちゃんとコメントをくれていますよね。また、『FRIDAY』に沖縄旅行が報じられた前年の2006年は、女性誌に出川さんと奥さんとの不仲説が報じられたんです」(前同)

■妻との不仲説を取材する記者と一緒に定食屋を訪れ……

 出川は2004年4月に元レースクイーンの女性と結婚している。

「結婚から2~3年したころ、出川さんは東京・世田谷区の芸能人も多く住む大型高級マンションで暮らしていました。ただ、結婚したはずなのに奥さんの姿がまったく見られない、と周辺住人からの情報があったといいます。そのため、“別居しているのでは?”“すでに離婚しているかも”という噂が立ち、“本当は奥さんなんていないのでは?”とまで言われていたそうです。

 これを受けて、記者が取材を進めると、近所の定食屋の女将さんからも“寂しく1人で来て食べて帰っていく”と証言があったそう。これは間違いないということで、記者が出川さん本人に事の真相を尋ねたところ、“勘弁してくださいよ~”と言い、“自宅に上げることはできないけど奥さんとはちゃんと仲いいですよ”と語ったといいます。

 加えて、さらなる“誠実対応”があったといいます。記者が、定食屋の女将に聞いた“1人で寂しく食事”話をあてると、“ウソですよ~! マジでないですよ~。じゃあ、僕とその定食屋に行きましょうよ”と、なんと記者を連れて、その定食屋を訪問したそうなんです」(前出のワイドショー関係者)

 出川本人が定食屋の女将さんに「おばちゃん、俺1人で来て寂しく食べてた?」と質問すると、女将は曖昧な感じになったそうで、「ほらほら~、いい加減じゃん!」と証言撤回に成功し、夫婦不仲説を否定してみせたという。

 前出のワイドショー関係者は続ける。

「当時、出川さんが住んでいたエリアには、他にも芸能人がたくさん住んでいた。そのため、女性誌記者が別なタレントを対象に張り込んでいたところ、出川さんが現れたので、“おつかれさまです”と直撃したこともあったそうです。

 出川さんは一瞬驚いて、”えー最近、何もやってないでしょう~!?”と嘆いていたそうですが、記者が“ここには〇〇さんが住んでいるので”は?と質問すると、“それは聞いたことがないけど他に誰が住んでいるんですか?”と、野次馬根性丸出しで、逆にいろいろと聞いてきたりと、記者とのやりとりがあったそうです。

 このように、出川さんは人を分け隔てることがなく、一事が万事、裏表がない。テレビに映る姿のまんまで、2007年の『FRIDAY』の記事のときでも、出川と現地で会ったという女性が、当地での出川さんの素行を証言していますが、記者の直撃に出川さんは“信じてたのに~”と悔しさをにじませたようですが、それでも女性のことを悪く言わずにかばったといいますからね」

■名誉棄損でマリエを訴えることもできるが……

 お笑いプロ関係者は話す。

「マリエさんの告発で出川さんの仕事に大きなダメージが出ていれば、出川サイドがマリエさんを名誉棄損などで訴えることもできます。さらに、告発内容が事実無根であれば、なおさら訴えたくもなるところでしょうね。

 ただ、枕営業を迫られたという“被害者”の立場にあるマリエさんを、今や強い影響力を持つ人気タレントである出川さんサイドが訴えたら、マリエさんをさらなる窮地に追いやることになる。訴えたところで、出川さんのイメージもさらに悪くなってしまいかねない。そのため、反撃を匂わせた出川さんですが、これ以上の追及、反撃はしないと見られます。

 出川さんは今回の告発で、仕事の関係者に迷惑をかけてしまったことを“本当に申し訳ない”と感じているようです。出川さんは傷だらけ、凹みだらけになっても、20年以上も変わらず同じポルシェに乗り続けるなど、物や人を大切にする人。下ネタは間違いなく好きでしょうが、マリエさんの告発に反撃し、彼女を窮地に追い込むようなことができるような人ではないと思われます」

“リアルガチにいい人”だという出川は、今回の騒動も乗り切れるだろうか。そして、地上波テレビで告発内容を“完全否定”されたマリエの、再反撃はあるのだろうか――。

関連リンク

  • 5/15 7:25
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

9
  • 玉葱

    5/15 23:54

    反撃できる筋書が出来上がったってだけでしょ?出川っちに好きに対応させてたら、藪蛇になるかも知れんから、とりあえず喋らない様にしといて色々と反撃材料集めて、体制が整ったと。反撃するにしても中途半端な水掛論じゃ反論するにも現役である出川サイドにメリットが無いから。ぶっちゃけ見てる側は、どっちでもええわって話しだけどw

  • ソフィア

    5/15 23:16

    本人談だけど、行為中に電気を消してたら複数人いると相手から疑われたとか。

  • 平安貴族

    5/15 19:39

    出川哲朗さんが消えてくれれば経緯はどうでもよい

記事の無断転載を禁じます