江原啓之「『なるほど』を連呼されると腹が立つ!」その真意は?

拡大画像を見る

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。5月9日(日)の放送では、リスナーから届いた「身近な話題や出来事、悩み」を紹介しました。


◆あえて「す“い”ません」と投稿したのに…
現在、親と離れて1人暮らしをしています。新型コロナウイルスのせいで実家に帰ることもなく、しばらく親と会っていません。母親とはInstagramでは繋がっているので、私の近況を確認できるようになっています。

そんななか、私が投稿した文章に母親がケチをつけてきたのです。あえてフランクな表現にするために「すいません」と投稿したのですが、「言葉が間違っているよ!『すみません』だよ」とわざわざメールしてきたのです。そんなことはわかっているし、なんだか馬鹿にされたような気がして返信しないでいると、「そんなことを言ってあげられるのは私だけだと思うんだけど……」と、さも“教えてあげている感”を出してきて、無性に腹が立ちました。

社会人3年目だし、接客業の仕事についている私が、そんなことを分からない訳がないし、“もっと正しく言うなら「申し訳ございません」だよな……じゃあ、いちいちSNSでも「申し訳ございませんでした」って使わなきゃいけないのかよ!!”と思うと、さらに腹が立ちました。

今の時代、親とSNSで繋がることは良いことだと思いますが、いちいちケンカをしたり、腹を立てたりするのであれば、あえて距離を置くのも大切だと思いました。ただ自分が母親の立場になって考えると、子どものSNSは気になるし、間違った言葉を使っていたらすぐに言いたくなってしまうのかも……とも思いました。親子の距離感は、大人になっても大切ですね……。

◆江原からの“ことば”
これは私、分析してわかりますよ! ムキになるということは、あなたも間違っているんです。“そんなことは、わかっているんだけど!”と咄嗟に出ない自分の不甲斐なさが悔しいんです。ということは、お母さんに怒るのではなく、自分に怒っているはずですよ。それに、“私のこともわかってよ!”というお母さんに甘えがあるのかもしれませんね。

ちなみに私は、芸人さんがよく使う言葉だからかもしれませんが、「なるほど」という言葉を、あまりにも連呼されると“上から目線”で言われているようで腹が立つんです。自分よりも若い人や部下に「なるほど」と言われると、「オマエに『なるほど』とか言われたかないわ!」となるんです(笑)。

◆江原啓之 今宵の格言
「どんなときでも、幸せになる道はあります」
「経験と感動は、たましいを輝かす道です」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。番組サイトまでお寄せください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年5月17日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

関連リンク

  • 5/15 6:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます