【本日の注目ポイント】東京で京王杯スプリングC、中京で京都ハイジャンプ

拡大画像を見る

 5/15(土)は東京・新潟・中京の3場開催。14日正午の馬場発表は3場いずれも芝・ダート共に良。15日の天気は東京が曇り、新潟が晴れ時々曇り、中京が晴れのち曇りの予報となっている。

■GI前哨戦・京王杯スプリングC
 東京11Rは芝1400mの京王杯スプリングC(GII)。勝ち馬には安田記念への優先出走権が与えられる。昨年のNHKマイルC覇者ラウダシオンが人気の中心となりそう。久々に勝利の美酒を味わうことができるか。他にも、昨年のアーリントンC以来の勝利を目指すタイセイビジョン、2走前の阪急杯でレシステンシアの2着だったミッキーブリランテなど。

■中京で障害重賞・京都ハイジャンプ
 中京8Rは障害3900mの京都ハイジャンプ(JGII)。16年札幌2歳Sの勝ち馬トラストが、平地&ジャンプW重賞制覇を目指す。鞍上は熊沢重文騎手。他には、2走前の阪神スプリングジャンプでメイショウダッサイの2着だったスマートアペックスなど。

■中京メインは芝のリステッド
 中京11Rは芝2000mの都大路S(L)。昨年のクラシック戦線を盛り上げたガロアクリーク、マイラプソディに人気が集まりそう。前走佐賀記念で3着だったハナズレジェンドは、5走ぶりに芝のレースに挑む。

■東京10R・緑風Sにリリーピュアハートなど
 東京10Rは芝2400mの3勝クラス・緑風S。16年の青葉賞を制したヴァンキッシュランの全妹リリーピュアハート、18年のダービー馬ワグネリアンの全弟カントルがスタンバイ。他にも、1年9か月ぶりの復帰となるヒーリングマインド、障害帰りで1年ぶりのエクセレントミスズなど。

■エクランドールがデビュー2連勝狙う
 東京7Rは芝2000mの3歳1勝クラス。フィエールマンの全妹エクランドールがエントリー。デビュー戦を制して以来3か月半ぶりの実戦となるが、無傷2連勝なるか。他にも、ルージュバックの半弟テンカハル、ここまで9戦して馬券外が1度しかないフォルテデイマルミなど。

■新潟11R・八海山Sにサダムスキャットなど
 新潟11Rはダート1200mの3勝クラス・八海山S。昇級後2着3回3着2回と惜しい競馬が続くサダムスキャットのオープン入りなるか。他に、前走同クラスで2着だったオヌシナニモノ、昇級初戦で3着と好走したピアシックなどが出走。

■北村宏司騎手らが区切りの勝利まであとわずか
 北村宏司騎手はJRA通算1400勝まであと2勝で、本日は東京で4鞍に騎乗。C.ルメール騎手はJRA通算1400勝まであと3勝で、本日は東京で9鞍に騎乗。川又賢治騎手はJRA通算100勝まであと3勝で、本日は新潟で5鞍に騎乗する。

関連リンク

  • 5/15 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます