最初は何も思わなかったのに!心配してくれる男性のことが気になってしまう理由とは?

拡大画像を見る


やたらと自分のことを心配してくれる男性がいると、最初は何も感じていなくてもだんだんと気になってくるようになりませんか?
「どうして心配してくれるのだろう?」「私にいつも目をかけてくれているな…」などのように心配してくれる男性のことを考える時間が増えることもあるでしょう。
そこで、なぜ女性は心配してくれる男性に弱いのか、心配してくれる男性のことが気になってしまうのかについて紹介します。


自分を見てくれている気がする

心配してくれることで、なんだか自分のことを見てくれている気がしませんか?見てくれていないと心配することってできないだろうと思ってしまいますよね。
そのため、自分を見てくれている気持ちが高まることで相手を意識し、どんどん気になるようになっていくのです。心配してくれる男性の心配を他に向けたくないという気持ちも高まるでしょう。
自分を見てくれている人がいるというのは、心強いことでもあります。気付いたら「あの人のために…」という気持ちまで芽生えるかもしれないですね。


認めてくれている気がする

心配してくれているということは、何かと心配をかけているということでもあります。しかし、いつも見てくれているので、なんだか自分のことを認めてくれているような気持ちにもなるでしょう。
誰に何を言われても、心配してくれる人がいると気持ちを強く持つことができることもあるのです。そのため、気付いたら自分の心の支えにしていることもあるでしょう。


男性が心配してくれる気持ちが嬉しい

心配してくれている気持ちが嬉しくて、それが恋心に変わることがあります。また、「そんなに心配してくれるなんて、私のこと好きなのかな…?」と感じることもあるでしょう。
そこからどんどん意識してしまい、心配してくれる男性のことが気になって仕方がなくなるのです。理不尽に心配されるのではなく、優しく心配されることで余計にドキドキするでしょう。
「心配されて嬉しい」から「もっと心配してほしい」という気持ちになることもあるでしょう。逆に「心配されないように頑張ろう」と思うこともあるはずです。


自分も心配になってしまう

いつも心配してくれている男性に対して、「心配かけて悪いな…」「心配してくれて嬉しいな…」という気持ちがある反面「彼は大丈夫なのかな?」と心配する自分も出てくるでしょう。
最初は甘えていたのは自分の方なのですが、徐々に彼にも甘えてほしい、今度は自分が彼の支えになりたいなどのように思う気持ちが出てくるのです。
その結果、いつの間にか彼のことを心配している自分が生まれ、気が付いたら彼のことが気になって仕方なくなっているのです。


心配してくれる男性の存在は大事!

心配してくれる男性が近くにいると、その男性のことが自分にとってとても大事な存在になりますよね。だからこそ、どんどん気になるようになり、いつしか恋愛感情を持つこともるのです。
(みいな/ライター)(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/15 6:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます