たまにはアリ!彼と一緒に寝てる気分になる「寝落ち通話」のコツ

彼と通話しているときに睡魔に襲われることってありますよね。
そんなときには一緒に寝ている気分になれる会話をすると、幸せな気持ちで寝落ちできます。

そこで、たまにはアリ!彼と一緒に寝てる気分になる「寝落ち通話」のコツを4つご紹介します。


(1)ポジティブな会話



寝る前にはなるべくネガティブな気持ちになりたくないですよね。
通話中に眠くなってきたら、ポジティブな話題に切り替えることをおすすめします。

いつ寝落ちしてもいいように、ネガティブな話題は控えることが大事。
そうすることで、お互いに明るい気持ちで眠りにつくよう心がけましょう。

(2)眠くなってきちゃった



寝落ちしそうになってきたら、「眠くなってきちゃった」などと可愛く伝えてみましょう。
そんな可愛いセリフを言われたら、キュンとしない男性はいません。

寝落ちするときはそんなあざと可愛いセリフで、彼を夢中にさせちゃいましょう。

(3)会いたいよぉ〜



眠くなってくると人肌恋しくなることってありますよね。
そんなときはその気持ちを彼にぶつけることで、ラブラブな会話で寝落ちすると彼との仲を深めることにつながります。

「会いたいよぉ〜」などといったセリフで、彼をドキッとさせてみてはいかがでしょうか。

(4)楽しかった、ありがとう



寝る前には最後にお礼を言うと、彼に好印象を与えることができます。
「楽しかったよ」「ありがとう」などといったセリフは、性格の良さをアピールすることにつながります。

そんなセリフで、一緒に寝たいと思わせてみてはいかがでしょうか。


彼との寝落ち通話にはさまざまなテクニックがあるようです。
たまにはアリ!彼と一緒に寝てる気分になる「寝落ち通話」のコツを参考に、彼をあなたの虜にしちゃいましょう。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/14 21:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます