誘ってるの?女性を困惑させるまわりくどい言い方9パターン

勇気を出してデートに誘ったのに、相手の反応が薄くてガッカリ…という経験を持つ男性は多いでしょう。誘い文句が回りくどいと、真意が伝わらないばかりか、自分の印象まで損なってしまうおそれがあるので、注意が必要かもしれません。今回は、10代から20代の独身女性439名を対象にしたアンケートを参考に、「誘ってるの?女性を困惑させるまわりくどい言い方」を紹介します。

【1】具体的な予定を立てない「今度飲みに行こう」
「普通に『そうだね』で終わりそう」(20代女性)というように、単に「飲みに行こう」だけでは、社交辞令として軽くスルーされる可能性が高そうです。同時に「いつならヒマ?」と聞くなど、実現しようとする姿勢をアピールしましょう。

【2】自分の願望だけをつぶやく「○○に行ってみたいな」
「そうなんだーとしか言えない」(20代女性)というように、はっきり誘う言葉がないと、相手もピンとはこないようです。「行ってみたいね」と語尾を変えたり、「一緒に」と強調するなど、分かりやすい表現を加えましょう。

【3】代理感を打ち出す「一緒に行くはずだった友達にドタキャンされて」
「私じゃなくていいんだと思うから、行ったとしてもノリが悪くなりそう」(10代女性)というように、「代理」でデートしてもらっても、その後の展開はあまり期待できなさそうです。ただし気軽に誘いたい場合には試してみてもよいでしょう。

【4】前提条件がやたら多い「もしイヤじゃなければ、ヒマなら…」
「聞いてるだけでめんどくさくなる」(10代女性)というように、あれこれ条件を並べるのは、デートのハードルの高さを自ら強調しているも同然です。反応が心配なのは分かりますが、予防線はせめて1フレーズにしておきましょう。

【5】「行きたい」というリアクション待ちが見え見えの「割引券があるんだ」
「興味はあっても、思うつぼって感じでシャク…」(10代女性)というように、反応待ちの誘い文句は、相手の天邪鬼さを引き出してしまいそうです。特にツンデレタイプの女性には逆効果になりかねないので、相手のキャラを見極めましょう。

【6】自信なさそうに語尾をボカす「よかったら今度…」
「今度何!?はっきり言いなさい!と問い詰めてしまいそう」(10代女性)というように、語尾を濁した言い方は女性をイライラさせやすいようです。姉御肌の女性ならリードしてくれるかもしれませんが、頼りない男だと思われたくなければしっかり言い切りましょう。

【7】だから何?と言いたくなる「この連休、ずっとヒマなんだよなー」
「わざわざ大声で言われても…。正直ウザいです」(10代女性)というように、何か言ってもらいたいのが見え見えの態度が反感を買うパターンです。構ってちゃん的なスタンスは、相手が自分に片想い中などの特殊なケース以外では成立しないと肝に銘じておきましょう。

【8】目的が分からないのに返事しづらい「今夜ヒマ?」
「下手にヒマだと言ったら、何をさせられるのか心配」(20代女性)というように、用件を言わないと余計な警戒心をあおりかねません。初めて誘う相手なら、「ライブがあるんだけど」など、最初から目的を伝えたほうが成功率は高いでしょう。

【9】上から目線の態度にイラッとくる「俺はどっちでもいいけど、ヒマならご飯くらい付き合うよ」
「いや、結構ですって感じ(笑)」(20代女性)というように、「付き合ってやる」と言わんばかりの態度では、検討の余地なく却下されても文句は言えないでしょう。まして好感度が上がるとは考えにくいので、照れ隠しでも避けたほうがよさそうです。

断られたときのダメージを最小限に抑えたいという気持ちが、分かりにくい言い回しにつながっているようです。相手の反応を見るのもよいですが、成功率が下がるのでは本末転倒。やはりストレートに誘うのがベストといえるでしょう。(さのちあき/Office Ti+) 【調査概要】 期間:2014年12月1日から8日まで 対象:合計439名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/14 18:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます