永野芽郁、広瀬アリス、川栄李奈ら出演映画『地獄の花園』、約8分間見応えたっぷりの本編冒頭シーンノーカット映像解禁!

拡大画像を見る

永野芽郁、広瀬アリス、川栄李奈らが出演する映画『地獄の花園』(5月21日(金)公開)が、約8分間の本編冒頭シーンを解禁した。

直子(永野芽郁)がごく普通のOLとして、会社に通勤する姿から始まる本編冒頭シーン。 “一見平和に見える社内も、裏では熾烈な派閥争いなんかがあったりする”と淡々と話す直子のモノローグから、佐竹一派の頭である紫織(川栄李奈)に、ロッカーが歪むほどの力で、ぶっ飛ばされたOLの姿が映し出される。しかし、直子は“こんな感じで”と、これが“OLの日常”と言わんばかりに気にも留めない様子。

社内ではヤンキー漫画さながらに、強烈な学生時代の逸話を持った紫織率いる佐竹一派と、朱里(菜々緒)率いる安藤一派の争いに加えて、“お勤め”から戻ったばかりの神田一派の悦子(大島美幸)と安藤一派が衝突する。

ヤンキーOLの3大勢力争いが日々くり広げられ、安藤一派が神田一派を制圧して会社の天下を獲る中、堅気の直子らは、給湯室で“携帯変えたら、トーク履歴全部消えちゃったんだけど……”と慣れた雰囲気で他愛もない会話を見せる。そこに同作の脚本を務めたバカリズムが“お疲れさまです〜”と登場するなど、冒頭数分とは思えない濃さで見応えたっぷりの内容に。

さらに、勢力争い後ボロボロになりながらも、コピーや電話応対などOLの仕事をしっかりこなすヤンキーOLたちの愛らしい姿も収められている。

なお、映像の最後にはカッコよすぎる楽曲とクオリティの高いオープニングが登場し、“違う映画のオープニングか⁉”と思ってしまうようなユニークな仕上がりとなっている。

映画『地獄の花園』

公開日:5月21日(金)
出演:永野芽郁、広瀬アリス、菜々緒、川栄李奈、大島美幸、勝村政信、松尾諭、丸山智己、遠藤憲一/小池栄子
主題歌:LiSA「Another Great Day!!」(SACRA MUSIC/Sony Music Labels Inc.)サウンドプロデュース:松本孝弘(B’z)
脚本:バカリズム
監督:関和亮
配給:ワーナーブラザース映画

“最強のOLはアタシだ!”
OL戦国時代、史上最強の称号を得るのは誰だ! 平凡なOL田中直子が勤務する会社では、一般社員には知られていないが、実はOLたちが3つの派閥に分かれ、昭和のヤンキーの如く、日々、血で血を洗う抗争がくり広げられていた。その3派とは、学生時代に5つの学校を支配していた“狂犬”佐竹紫織率いる佐竹一派、元暴走族のヘッド、界隈で知らぬ者のない超有名人“悪魔の朱里”安藤朱里率いる安藤一派、5人のOLを半殺しにし、刑期を終えて戻って来た“大怪獣悦子”神田悦子率いる神田一派。そんな中、直子の課に、中途採用で1人のOLがやってくる。彼女の名は、北条蘭。蘭は、入社1日で並みいるヤンキーOLたちを蹴散らし、会社OLのトップへと君臨する。ひょんなことから直子は蘭と親しくなってゆくが、そんな中、他社のヤンキーOLたちとの抗争に巻き込まれ、人質としてさらわれてしまう。さらに助けにやってきた蘭は、敵のヤンキーグループの前に敗れてしまう。絶体絶命の直子は果たしてどうするのか⁉

関連リンク

映画公式サイト

(C)2021「地獄の花園」製作委員会

関連リンク

  • 5/14 12:00
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます