「ゆうたん(永田崇人)、よく戦った」過去に何が…?吉川愛×板垣李光人W主演ドラマ『カラフラブル』第7話

拡大画像を見る

吉川愛と板垣李光人がW主演する連続ドラマ『カラフラブル』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の第7話が5月13日に放送された。芸能界デビューが決まった周(めぐる/板垣李光人)は、子供番組のお兄さん・ゆうたん(永田崇人)と再会。しかし、ゆうたんは、かつて周とは分かり合えなかった関係。周の恋人である漫画編集者・町田和子(わこ/吉川愛)は心配になる。Twitterでは「お互いの在り方に影響されていくのが素敵」「友情に涙が止まりませんでした」「3人で抱きしめ合うシーンよかった」などの声があがった。

ユニットとしてデビューが決まった周とささめ(草川拓弥)の初仕事は、ゆうたんとのトークショーだった。その話を聞いた和子は、周が再びゆうたんに傷付けられるのではと気を揉む。「僕、そんなに頼りない……?」と和子に問いかける周。2人の思いがすれ違ってしまい、和子は不安を隠せない。

一方、漫画編集長・あさひ(水野美紀)の前に「はじめまして」と有名モデル・キラ(桐山漣)が現れる。キラからの告白を断って以来、距離を置く決意をしていたあさひは冷たく接するが、キラは周とささめのプロデューサーとしてあいさつに来たのだと言い、あさひにトークショーの招待状を手渡す。これには「キラ様、安定の暴走w」「キラ様の名刺欲しい」「あさひさんの反応もかわいい」という声が寄せられた。

トークショーの準備が進む中、周は考え方の違うゆうたんとしっかり向き合いたいと思い、話し合おうとするが、ゆうたんは拒絶。ささめは、ゆうたんと会ってから周の様子がおかしいと気付き心配していた。そして、2人の溝は埋まらないままトークショーの当日を迎える。しかしそこで、これまで飄々としていたゆうたんの表情が一変。会場には、ゆうたんの心の傷に関係する“ある人物”が現れていた。Twitterでは「ゆうたん色々あったんだね」「やった側はすぐ忘れるかもしれないけど、やられた側はずっと忘れないよね」「めぐるくん達が側にいて良かった」「ゆうたん、よく戦ったなぁ」「周くん、ささめくん、ゆうたんの友情に涙が止まりませんでした」「3人とも“かわいい男子”だけど、それぞれ違ってみんな素敵」「最後の3人のハグシーン凄く好きです」というコメントがあがった。

心の傷を抑えて仕事に邁進してきたゆうたんだったが、自分と向き合わざるを得なくなり、初めて周たちに本音を打ち明けることができた。そして和子も周をもっと信じ、そばで支えていこうと心に決める。悩みながら1歩ずつ自分らしさを見つけていく彼らの姿は、見る側にも新しい視点や気づきを与えくれる。

【文:齋藤 めぐみ】

関連リンク

  • 5/14 12:41
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます