8.4インチのゲーミングUMPC『ONEXPLAYER』、クラウドファンディング実施中

拡大画像を見る

One-Netbook Technologyは、米国クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、第11世代インテルCore i7-1185G7を搭載した、8.4インチポータブルゲーミングUMPC『ONEXPLAYER』のプロジェクトを開始した。

同製品はOne-Netbook社が開発。解像度2560×1600および358PPIの8.4インチIPSスクリーンを搭載。ゲームパッドを一体化したスレート型の本体は、人間工学に基づいて設計されており、高感度のタッチ操作が可能。

https://www.youtube.com/watch?v=emLIaugHn1g

4月に行なわれたインテル社の「2021年CTE CEOサミット」にて「プロダクトイノベーションアワード」を受賞。また、テンセントゲームズ(Tencent Games)と開発・マーケティング協力を行なっている。

https://www.youtube.com/watch?v=x72kPYhGDv0

プロジェクトは5月11日から31日までの間行なわれ、プロジェクト参加者へのファーストロットは6月下旬~7月に出荷予定。数量限定早期出資で最大260ドル割引される。5月14日現在までに達成率は当初想定の5000%近く、金額にして1億3000万円を超える支援額が集まっている。

価格詳細は以下の通り。

ONEXPLAYER: World’s Best Handheld Game Console | Indiegogo:
https://www.indiegogo.com/projects/onexplayer-world-s-best-handheld-game-console#/[リンク]

(執筆者: ガジェット通信ゲーム班)

関連リンク

  • 5/14 16:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます