手取りが少なすぎ!税金に対する20代の主張「若者がいくら税金を払ったところで報われない、シルバー民主主義」

拡大画像を見る

20代のビジネスパーソンは、現行の税制についてどう感じているのだろうか。群馬県に住む20代後半女性(不動産・建設系/年収200万円台)の「税金が高いおかげで給与の手取りが少なすぎる。それに消費税も」という声を皮切りに、

「消費税が高すぎて買い物しづらい。車にかかる税金も高いうえに複雑で、負担が大きい」(20代前半男性/福井県/正社員/年収200万円台)
「単純に税金が高いので、自由に使えるお金が足りない。納税額に見合った行政サービスになっていないと思うし、それは今後も改善されなさそう」(20代後半男性/千葉県/メーカー系/年収300万円台)

といった声が続いた。ほかにも、20代のキャリコネニュース読者から寄せられた声を見てみよう。(文:鹿賀大資)

「政府から、常に人生の楽しみや希望を奪われている気分です」


岡山県の20代後半男性は、年収300万円台の正社員。会社から源泉徴収票を支給された際、高すぎる税額を目の当たりにし「実感が湧かなかった」と述べる。

「あんなに税金が引かれていなければ、もっと色々な楽しみに給与を使えていたはず。そう思うと、腹が立って仕方ありません」

男性は「政府から、常に人生の楽しみや希望を奪われている気分です」と怒り心頭だ。

大阪府の20代前半男性(メーカー系/年収400万円台)は、公務員に賞与が支給されることについて「増税が続いている状況の中、なぜボーナスが支払われるのだろう」と言及。

埼玉県の20代前半男性(流通・小売系/年収200万円台)は「軽自動車の税率が上がったこと」に不満を募らせていた。

「タバコやガソリンの二重課税が納得できない」

神奈川県の20代後半女性(正社員/年収300万円台)は「消費税がなかったら、買い物をする時の選択肢は増えるはず」と持論を展開する。

「企業努力で価格据え置きの商品が少なくありません。とはいえ、懐かしのお菓子やさまざまな商品が販売をやめているのを見ると、もう余力がないことをヒシヒシと感じます」

ほかには、

「タバコやガソリンの二重課税が納得できない。すべての税金が高すぎるのに、恩恵は感じられない」(20代後半男性/茨城県/正社員/年収300万円台)
「若者がいくら税金を払ったところで報われない、シルバー民主主義」(20代後半男性/神奈川県/正社員/年収400万円台)

といった声も寄せられていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「税金が高くて怒っている人」共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
年収1000万円超の男性「ニートの"働いたら負け"は正解。高所得者は税金で搾取されるだけ」
所得制限に怒る年収2100万円の40代男性「税金は仕方ない。しかし子ども関連に差をつける必要はないのでは?」

関連リンク

  • 5/14 16:55
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 観音寺六角

    5/14 20:01

    役所はこういうサービスしてます‼️こんな催し物してます🎵ってさ。何が必要なのか俺には分からんけど👎税金納めたから納めてもらったからこれだけのことができます‼️ってアピられてもビミョー😩草刈りもしない役所の人の裏の地所は酷い有り様だけど家は立派🎉

記事の無断転載を禁じます