石野真子、60歳。仕事も趣味も楽しくなる「なるべくなら」の感覚とは

拡大画像を見る

 歌手として、近年では女優として、さまざまな表情でファンを魅了し続ける石野真子さんが、2020年3月に62歳で急逝した佐々部清監督の遺作となった映画『大綱引の恋』に出演しました。2021年5月7日より全国で上映中です(新型コロナの影響で一部劇場の上映日程が変動。詳細は公式サイトを参照)。

 本作は、鹿児島県薩摩川内市に400年続く勇壮な“川内大綱引”(せんだいおおつなひき)を題材に、それに青春をかける鳶(とび)の跡取りの主人公と、甑島の診療所に勤務する韓国人女性研修医との切ない恋模様を、ふたりを取り巻く家族模様とともに描いた感動大作です。石野さんは主人公・有馬武志の母親である文子を好演しています。

 母であり、妻であり、そして伝統文化である“川内大綱引”とともに生きる女性を、普段の柔らかな笑顔とはまた一味違う、強い女性として見事に表現しています。

 その公開を記念して、石野さんにインタビューを実施。佐々部監督とのエピソードや演じた役柄についてなど映画についての話題をはじめ、還暦を迎えての心境の変化や美しくいられる秘訣、楽しく人生を送るヒントを語ってもらいました。

◆佐々部組は「温かい現場」

――お祭りを軸に結婚や家族のテーマを丁寧に描いた感動作でしたが、オファーを受けた際の気持ちは?

石野真子(以下、石野):以前、佐々部監督とは『約束のステージ』というドラマでご一緒させていただいたことがあり、本当に短い時間だったのですが、とても優しく接していただきました。映画でいうところの“佐々部組”みたいな感じで、すごく温かくて素晴らしい現場だなという印象だったので、今回は映画でお声をかけていただいて、うれしいなと率直に思いました。

――三浦貴大さん演じる主人公の母という役柄については、どういう演出があったのでしょうか?

石野:現場の中でみなそれぞれが思うように動いて、調整していくという感じでした。彼女はとても強くて優しい女性だなと思いました。夫を支え、子どもたちを育て、会社も手伝い、大綱引という祭にずっと関わっている地元の女性。誇りを持ちお祭りとともに人生を過ごしてきた女性だと理解しました。

――強さと優しさ兼ね備えた素敵な女性だと思いました。演じるうえで注意していたことはありますか?

石野:注意したことはやはり、鹿児島の薩摩川内の方言です。本当に難しかったです。地元の方々はとても楽しみにされて映画をご覧になるだろうから、なるべくしらけてしまわないよう、できるだけ近づけるように努力をしました。すっと入っていただけたら、うれしいなと思っています。

◆女優は「キリがない、奥深い仕事」

――そういう準備が大変そうな仕事だと思うのですが、女優という仕事をどう捉えていますか?

石野:短いセンテンスでも、普段使わない方言を一生懸命勉強したりすることは、実はこの仕事の楽しさでもあります。訪れたことないその土地土地に行き、いろいろな方と出会い、それがご縁で映画への関わり方も変わり、みんなで協力し合ってひとつの作品にしていくということに発展する。素敵なことだと思います。

――大変な作業はあるけれども、出会いや発見のほうが勝る、それがあるから楽しく感じる、ということでしょうか?

石野:そうですね。その大変な作業には終わりがなく、「これで十分」ということがありませんので、どこかで折り合いもつけていますね。

――無限に時間があれば完璧なものができるでしょけれど、幕は上がってしまいますからね。

石野:わたしは、監督がOKであればOKだろうと思っています(笑)。ただ、追求に終わりはなく、キリがない奥深い仕事だとも思います。

◆美の秘訣は「好きなものを食べ、運動すること」

――美を保つために日頃、どういう努力をされているのですか?

石野:美という言葉には大きな意味も含みますよね。並大抵の努力ではないですよ。そういうことにしておきましょう(笑)。ただ、運動は大事ですね。スクワットはやらなきゃ、歩きましょうと意識をしないとわたしはダメなタイプですね。

――食事はいかがですか?

石野:食事は若い頃からずっとコントロールしています。好きなものを食べつつ、自分が決めたルールの中でコントールしている感じです。

――同世代の読者にはどういうアドバイスを?

石野:運動はこれから本当に大事になっていきますし、日々のことで、少しでもいいので動くこと。一番基本が難しいと思いますが、基本を大事にしたいですね。

◆年齢を重ねることをポジティブに捉えたい

――趣味など、今現在ハマッていることはありますか?

石野:絵を書いたり、手芸をしたり、そういうことを趣味としてやっています。ハガキサイズくらいの絵です。大きな絵は大変で、花などを描いて壁に飾るようにしています。手芸は刺繍をしたり、ビーズ刺繍をしたり、やり始めると本当にあっという間に時間が流れていきます。出来上がったときの達成感があり、好きなことをしている時間が、本当に一番心地よいですね。

――人生の節目でもある還暦を迎えられて、心境はいかがでしょうか?

石野:実のところ、あんまり変わらないですね。日本は歳のことを気にしたり、すぐに言ったりしますが、年齢だけでくくられることは面白くないなと思うことはあります。イタリアでは「わたしは何歳です」を、「わたしは何年分持っています」というふうに言うそうなんです。

 そうすると、自分の歳のことすごくポジティブに捉えられるので、いいなあと思いました。何を持っているのかはわからないのですが(笑)、自分の生きてきた年数分を持っています、という考え方はすごく素敵ですよね。

――前向きで素敵ですね。今後やりたいことはありますか?

石野:上手に楽しみを見つけて過ごせられれば、という感じですね。仕事も趣味も、すべてにおいて楽しみに変える。そういうことは大切だと思います。

◆「こうしなきゃ」より「なるべくなら」の感覚

――そのためのコツを教えてください。

石野:自分が楽しいと思えば楽しい。自分次第ですね。本質はそれだけだと思います。ご機嫌でいることは大切なことだと、どこかで思っています。不機嫌でいると周りの人たちも不愉快になってしまう、ご機嫌でいることがみんなに対する貢献ではないかなと思います。無理はよくないですが、なるべくなら。この「なるべくなら」が一番いいと思います。「こうしなきゃ」はしんどくなるから「なるべくなら」がいい感じです。できる範囲がいいですよね。

――今日はありがとうございました。映画を待っている方へのメッセージと、改めて楽しく生きるヒントをお願いします!

石野:観終わった後に「ああ、いい映画だった」と、本当に素直に思えました。ぜひ観てほしいです。みなさんにもよかったねと思って頂ければ幸いです。。素直に観ていただける作品です。愛がつまっていると言うと大げさかもしれないけれど、本当に愛を感じます。なんとも言えない、みんなの想いが素晴らしくつまっています。

 皆様へのアドバイスほどもないのですが(笑)、「楽しくやろう」というところでしょうか。楽しまないと損。前向きでも後ろ向きでも、立ち止まっていても全然いいと思う。その人それぞれのペースがありますから。あまり決めごとを作らず、「なるべくなら」の感覚で、それなりに楽しんでほしいと思います。

<取材・文・撮影/トキタタカシ>

【トキタタカシ】
映画とディズニーを主に追うライター。「映画生活(現ぴあ映画生活)」初代編集長を経てフリーに。故・水野晴郎氏の反戦娯楽作『シベリア超特急』シリーズに造詣が深い。主な出演作に『シベリア超特急5』(05)、『トランスフォーマー/リベンジ』(09)(特典映像「ベイさんとの1日」)などがある。現地取材の際、インスタグラムにて写真レポートを行うことも。

関連リンク

  • 5/14 15:46
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます