ラポルタとクーマンが4時間に及ぶ首脳会談...来季の継続性を話し合う

拡大画像を見る

ジョアン・ラポルタとロナルド・クーマンによるFCバルセロナのトップチームの監督の将来について話し合う首脳会談が、13日の午後にバルセロナのVia Venetoレストランで行われた。

スポーツ担当の副会長であるラファ・ユステも同席した。クーマンは正午に到着し、ラポルタとユステはその直後に到着した。会談は16時近くまで延長されたが、会長や指揮官が来シーズンの継続性について明かすことはなかった。

ドレッシングルームはクーマンと良好な関係にあり、友好的である。しかし、上層部の中では、続投へ賛成派と反対派で意見が二分している。ペドリ、ミンゲサ、イライシュような若手を育てたオランダ人の功績は誰もが認めているが、戦術的な面ではより多くの疑問を残している。

シーズン中にクーマンが提起したシステムの変更にグループは非常によく適応していると言う見方もある一方で、試合中に思い切った決断をする勇気がないと非難する声もある。

3月の会長就任以降、ラポルタはクーマンを指示する発言を何度も残しているが、最終的な決断は如何なるものになるか。同会長は14日にバルサ・カフェのオープニングイベントで公の場に登場する。

関連リンク

  • 5/14 12:20
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます