『古見さんは、コミュ症です。』TVアニメ化&10月放送決定 古見さん役は古賀葵

 人気漫画『古見さんは、コミュ症です。』が10月にテレビアニメ化されることが決定。古見硝子役の古賀葵らメインキャストとスタッフ情報が発表され、ティザービジュアル、ティザーPVが解禁された。

 本作は、小学館「週刊少年サンデー」にて連載中、シリーズ累計500万部を突破するオダトモヒトの同名漫画をテレビアニメ化。“人付き合い(コミュニケーション)”でたまに胸が締め付けられるすべての人に捧ぐコミュ症コメディー。見た目は誰もが振り向く美少女ではあるものの、極度のコミュ症で他人に話しかけようとすると緊張で表情が固まってしまう高校1年生の古見硝子が、「友達を100人作る」を目標に頑張る様子が描かれる。

 テレビアニメ版のメインキャラクターとして、古見硝子役の古賀のほか、只野仁人役で梶原岳人、長名なじみ役で村川梨衣の出演が決定。総監督を渡辺歩、監督を川越一生が務め、シリーズ構成を赤尾でこ、キャラクターデザインを中嶋敦子が担当。オー・エル・エムがアニメーション制作を手掛ける。

 極度のコミュ症だが本当は人と話したい主人公・古見役を演じる古賀は、本作について「『こんな自分でも受け入れていいのかも…』と思わせてくれたり、悩んでいる方の背中をぽんっと押してくれる、勇気を貰える様な作品だなと思いました」と語り、「古見さんは見ているといつの間にか勇気を与えてくれる子で、色んな方の心を自然とぽかぽかさせる力があるなと思います。彼女のゆっくりでもしっかり、一歩ずつ前に進んで行く姿、そして少ない言葉の中で彼女の想いや、温かさをしっかりと紡いで行ける様、精一杯努めて参ります」と意気込む。

 古見さんの1人目の友達になる只野を演じる梶原は、「僕自身とってもコミュ症なので、仁人くんのようにふつ〜に接してくれる人に憧れますね…。読むたびに好きになるので、魅力的に演じられるよう精一杯頑張ります!」とコメント。只野の幼なじみ・長名役を演じる村川は、「みんなの幼馴染というくらいみんなと馴染んでいるので、そんななじみたるなじみらしさを出せていけたらと思っています」とメッセージを寄せた。

 只野の語りで構成されたティザーPVは、古見さんが“コミュ症”ぶりを遺憾なく発揮。クールなしぐさやかわいらしいリアクションなど、さまざまな表情を見せている。ティザービジュアルは、楽し気にコミュニケーションをとる只野と長名、そして、そんな2人を話しかけたそうな表情で見つめる古見の姿が描かれている。

 テレビアニメ『古見さんは、コミュ症です。』は、テレビ東京ほかにて10月より放送。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/12 7:30
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます