櫻坂46、STU48、NiziU、SGがレコ協にてダブル・プラチナ&プラチナ認定に!

拡大画像を見る

日本レコード協会が、2021年4月度のゴールドディスク認定作品を発表した。

今回の発表で、櫻坂46の「BAN」がダブル・プラチナ認定作品に、STU48の「思い出せる恋をしよう」、「独り言で語るくらいなら」、NiziUの「Take a picture/Poppin' Shakin'」がプラチナ認定作品に決定した。

櫻坂46が2021年4月14日にリリースした2ndシングル「BAN」は、表題曲のセンターを森田ひかる、共通カップリング曲「偶然の答え」のセンターを藤吉夏鈴が務めている。

STU48の「思い出せる恋をしよう」は、2020年9月2日に発表された5thシングル。

表題曲は、1期生・ドラフト3期生歌唱、2期研究生歌唱という歌唱メンバーが異なる2バージョンが収められている。

STU48の「独り言で語るくらいなら」は、2021年2月17日にリリースされた6thシングル。

スタジオと広島県呉市にて撮影を行なった表題曲のMVは、CGを駆使した抽象的な風景と瀬戸内のリアルな風景によって、相反する2つの世界を表現している。

NiziUの「Take a picture/Poppin' Shakin'」は、2021年4月7日に発売された2ndシングル。

「Take a picture」はコカ・コーラのCMソングとして話題となり、「Poppin' Shakin'」はキャッチーで可愛いダンスに注目が集まった。

認定基準
認定ランク:最低累計正味出荷枚数
ゴールド:100,000
プラチナ:250,000
ダブル・プラチナ:500,000
トリプル・プラチナ:750,000
ミリオン:1,000,000
(以降100万毎に賞を設定)

関連リンク

認定作品詳細

©STU/KING RECORDS

関連リンク

  • 5/14 11:05
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます