鰻が旨い『名代 宇奈とと』で約1kgの「ビックリ重」を食べたら幸せすぎた!

 今までの人生で、お腹いっぱいになるまでうなぎを食べたことありますか? 一人で丸ごと一匹分の蒲焼き、食べたことってありますか?

 もしあるとしたら、お金持ちの子か、自分でうなぎを釣って捌いたか? 大概うな重とかうな丼って、カットした2~3切れが一人分のイメージ。焼肉だと肉だけでお腹いっぱいになることはあっても、うなぎを丸ごと一匹食べてお腹いっぱいって、なんかハードルがものすごく高いイメージ。なんですが、それがリーズナブルなお値段でできるお店、見つけました!

 今回一人うなぎ祭りに向かったのは、上野駅からアメ横方面に歩いてすぐの場所にある、『名代 宇奈とと 上野店』。都内13店舗、大阪、アジアにもお店があるうなぎの人気店で、「うな丼」(550円)、「うな重」(880円)と良心的な価格で気軽にうなぎを味わえます。食事はもちろんですが、「うざく」(300円)や「うまき」(580円)、「肝串」(1本270円)などのおつまみうなぎメニューも充実。ドリンク一杯とおつまみ3種のちょい呑みセット1000円~などもあり、気軽にサクッとうなぎ、を満喫できちゃう店。

 ここにあるのが、舟形の大きな桶にゴハンたっぷり、そしてうなぎ一匹分の蒲焼きがのった「びっくり重」。しかも値段は2200円。価格はプチ贅沢、しかし内容はドーンと贅沢! 注文するだけでテンションがあがってきます。

桶からはみ出るうなぎ丸ごと一匹! 思っていた以上に大きい蒲焼き!

 空いている時間に行ったせいか、待つこと10分程度で目の前に登場。でかい! そして長い! 両サイドに飛び出しちゃっているよ蒲焼き。なにこの贅沢感。アナゴ1本丸ごと、みたいなのは、寿司だったり天ぷらだったりで見るけれど、うなぎで1本丸ごと、ってこんなことになるんですね。思わず笑っちゃうインパクトの強さです。

 早速計測。幅約25cm、奥行き約18cmの桶に、高さは約5cm。重さは約1kg。タレ多めでお願いしたのもあり、持つとずっしりとした重さです。

 早速食べるぞ~と箸を持って一瞬悩む。うなぎ、頭側から行くべき、それとも尻尾側からかぶりつく? はたまた、真ん中から箸でぶった切る? 今までうなぎを食べてきて、考えたこともなかった初めての疑問。なにこの贅沢な悩み。一匹丸ごとって人生でなかったから、正解がわからない~。

 まずはうなぎだけで一口、そしてゴハンだけで一口、うなぎとゴハンで一緒に一口! うまい! うなぎの質がいいのか、焼き方がいいのか、身はふっくら肉厚だし、皮は薄くてゴム化してない。ふわっ、さくっ、そして脂ののった旨みが口の中で一気に広がります。

「うなぎは弊社専用のものを仕入れていて、たれは甘めのオリジナルたれ。味をキュッとしめるために、米酢が隠し味になっていますね。ゴハンは新潟の『雪ん子舞』を使用しています。以前は毎日10食ほど注文がありましたが、コロナになってからは1日6食ぐらい。コロナ前は、外国人観光客の方が注文することも多かったんですよ」と話すのは、店長の伊藤さん。

 元々は7年前ぐらいにビジネス街にあるお店で誕生。そのうち他の店舗でも提供するようになったそう。一番人気メニューは、「うな丼ダブル」(1000円)ゴハン大盛り無料、なんですが、もっと腹一杯食べたい腹ペコビジネスマンの夢を叶えた一品ってことなんだろうなぁ。

味変アイテムを追加注文して、さらにうなぎを満喫!

 完食するためのアドバイスを伊藤さんに聞くと「卓上にたれ、柴漬け、山椒があるので、自由に楽しんでいただくのもいいですが、オススメは味変アイテムですね」。味変アイテム? メニューを見ると、小鉢で「お新香」(110円)、「キムチ」(110円)、「ポテサラ」(220円)の他に、温玉、オクラ、とろろの味変アイテムが。「これをかけて味わうと、また違ううなぎの良さを楽しめますよ」とのことなので、早速追加注文!

 とろろはまろやかさとすっきり感、温玉は滑らかかつ旨みアップ、オクラはシャキシャキ&ヘルシー感がプラス。これ、本当に足して正解! 山椒パラパラで華やかな香りと程よい刺激を味わうのもいいけれど、温玉やとろろやオクラを足すことで、また違う美味しさを発見できます。

「うちでは、『うなとろオクラ丼』(990円)や『うな玉丼』(880円)というメニューもあります。定番のうな丼やうな重もいいですが、実はアレンジ丼も人気なんですよ」。おそらくビックリ重を頼むことがなかったら知らなかったであろう、うなぎの味変。一切れ二切れじゃできないけれど、丸ごと一匹だからこそ楽しめる味変の良さ!

 ちなみに「ビックリ重」はシェアOK、終日注文可能。ですがテイクアウトはできないので、お店で出来たてを。汁物が欲しい場合は「肝吸い」(160円)、赤だしのお味噌汁は110円です。そして、ゴハン無し、蒲焼き1匹は2100円。このゴハンの量で100円差なら、重で頼む方が断然お得ってことですね。

 そもそも、蒲焼きってほぼ噛まずにスイスイ食べられるのに、途中の味変アイテムがどれも美味しすぎて、気がついたら完食。カレー並みのスピード感。もっとありがたくゆっくり味わえばいいのに、テンション高いまま食べきってしまいました。

 最初はそのまま、それから山椒をかけて、後半は味変アイテムで。うなぎをとことん楽しめる『名代 宇奈とと』の「ビックリ重」。仕事がうまく行った日とか、家族の誕生日とかでもいいし、上野の動物園や博物館、美術館にお出かけ、なんて時にも良さそう。最初から最後まで、楽しく完食できるうな重でした!

(取材・文◎いしざわりかこ)

●SHOP INFO

店名:名代 宇奈とと 上野店

住:東京都台東区上野6-11-15
TEL:03-3831-9490
営:11:00~22:00 (L.O.30分前)
休:なし

※緊急事態宣言、まん延防止等重点措置などで営業時間の変更、休みなどがある場合があります。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/14 10:49
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます