見取り図・盛山『金スマ』で“縮小芸”を披露か? 中居正広がハマれば、東京でも成功の可能性

拡大画像を見る

今田耕司は昨年5月に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系)のなかで、大阪から東京に進出する吉本芸人へのアドバイスとして「まず俺らじゃなく、内村(光良)さんと絡め。内村さんが笑えば、東京の人がウエルカムになる」と語り、ウッチャンナンチャンの内村光良から“東京の笑い”を学ぶように勧めた。現在は飛ぶ鳥を落とす勢いの千鳥も東京へ活動拠点を移した当初は伸び悩み、東京の笑いに馴染めず相当苦戦していたと今田は明かす。ノブは「ナイナイさん(ナインティナイン)になれたと思ったら、半年でレギュラー番組が終わった」と当時は大変落ち込んだと語り、『笑神様は突然に…』で千鳥に看板企画を持つまでに育ててくれた内村に感謝してもしきれないといった様子だった。のちにノブは「内村さんって自分で行こうとせず、“お前らが二塁打か三塁打を打って、スタッフにハマってくれ”っていう話の持って行き方をしてくれる」と明かした上で、自分たちもさりげなく後輩をサポートできるようになりたいと話している。

その内村の名前が、12日深夜放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)でも出てきた。ゲストとして出演した見取り図が「東京でハマるべき芸人は?」と尋ねると、MCのオードリーの若林正恭は「(内村は)みんなに平等に優しい」と語る。これにゲストの伊集院光もうなずいたが、芸人ではないものの「東京だと、中居くんじゃないの?」と伊集院が問いかけたのだ。確かに中居正広はこれまでバラエティ、情報番組で多数の芸人と共演しており、若林も「中居さんはあると思うよ」と同調した。ただし「中居さんは、どの芸人よりキツいフリがくるけどね」との言葉に、見取り図の2人は震え上がっていた。

またこの日、見取り図の盛山晋太郎が“縮小芸”(一瞬で身長を縮める?)を披露しスタジオの空気をひんやりさせていたが、それを『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)のスタジオにて中居正広の前で披露してほしい―と若林からリクエストがあった。盛山は躊躇していたが、なんと同番組のホームページを見ると「おいでやすこが&見取り図、出演決定!」とあり、2組に関する情報を募集しているのだ。早速ツイッター上では「中居くんの前で縮小芸やるチャンス笑」「金スマで縮小芸が見られるかも!!」と期待が高まっている。

画像1枚目は『見取り図 盛山 2020年12月3日付Instagram「M-1グランプリ!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連リンク

  • 5/14 10:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます