ジダン 重要な一戦で抜擢した若手両SBを賞賛「ミゲルとマービンはとてもうまくいった」

拡大画像を見る

レアル・マドリーは、ヌエボ・ロス・カルメンでのラ・リーガ第36節グラナダ戦で快勝を収めた。

試合前のプレビューでは、何よりもジネディーヌ・ジダン監督のチームにマルセロなど、守備陣に多数の欠員があり、監督と同選手の衝突の可能性があることが試合前に指摘されていた。

そんな中、フランス人指揮官は、Bチーム所属のミゲル・グティエレスとマービン・パクという2人に出場機会を与えることにし、彼らはその要求によく応えた。

「重要な試合に勝った。最初から真剣勝負で、インテンシティのあるゲームをした。我々は勝利に満足している」とジダンは語り始めた。「今日は、私たちが前に進むためには、勝たなければならなかった。残るは2試合だ。良いサッカーができたので、この形には満足している」

この勝利により、マドリーはリーガ・エスパニョーラでの戦いを続けており、現在首位のアトレティコとは2ポイント差となっている。
「まだリーグ戦は残っているし、残り2試合ある。私は若手選手たちのプレーに満足しているよ」

「みんながとてもよくゲームに参加してくれました。ミゲルとマービンは最初からとてもうまくいったね。マービンはハムストリングを痛めてしまったけど、大事に至らないことを願っている。彼らはとてもよくやった。彼らは、自分たちの資質を発揮したいと思っている」とジダンは若手選手たちを絶賛した。

また、マルセロの欠場についても触れ、「違和感があったので、違和感があるときはリスクを負わないようにしている」と語っている。

関連リンク

  • 5/14 9:00
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます