メッシとバルサの契約更新はコパ・アメリカ終了後の可能性

拡大画像を見る

現在のFCバルセロナとレオ・メッシの間には、契約を更新するための良好な関係がある。
しかし、その交渉は思ったよりもスムーズに進まないようだ。

バルセロナは、クラブに残ることがベストな選択であることを選手に納得させるオファーを正式に提示するために、現在実施されている会計監査の結果を待っている。

会長のジョアン・ラポルタは、レオとの交渉に臨むためには、クラブの経済状況や、タイトルを獲得し続けたいと考えている同選手に納得いくスポーツプロジェクトを提示する必要があることを理解している。

そのため、同会長はすべての情報を把握するためにその時(交渉)を待つだろう。
したがって、彼らの交渉は監査の結果を終えてから、行われる可能性があるようだ。

『El Larguero』によると、この交渉はコパ・アメリカの後まで続く可能性があると指摘しており、『Cadena SER』の情報によると、メッシはこの夏、コパ・アメリカに参加する予定のため、自身の今後をはっきりさせないまま大会に向けて、南米に飛び立つ可能性があるという。

いずれにせよ、メッシは今、最高の形でシーズンを終えることに集中している。
リーグ戦は残りわずか2試合で、リーグ戦が終わるタイミングでこの交渉は大きく加速するだろう。

関連リンク

  • 5/14 7:50
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます