実は逆効果!?男性をしらけた気持ちにさせてしまう「モテテク」5パターン

「男受け」を狙って試した小技のせいで、かえって男性の心証を悪くしているとしたら、バツが悪いでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「実は逆効果!?男性をしらけた気持ちにさせてしまう『モテテク』」をご紹介します。

【1】胸の谷間、わざと見せつけてるよね…「露出度の高い服を着る」
「胸さえ見せればちょろいもんだと考えてるところが浅はか」(20代男性)というように、セクシーなファッションのせいで、むしろ男性を興ざめさせてしまうパターンです。肌を思い切り露出するよりも「見えそうで見えない」ほうが男心をくすぐるので、できれば「チラリズム」を目指したほうがいいのではないでしょうか。

【2】かわいいというより、むしろ変!「アヒル口をする」
「かわいいと思ってアヒル口をして、本当にかわいくなってる子って見たことがない」(20代男性)というように、女子のぶりっ子顔の定番である「アヒル口」も、実は男性にはそれほど好評ではないようです。誰の目にも明らかなキメ顔ではなく、自然な微笑みをのぞかせたほうが、「かわいい子」の印象は強まるかもしれません。

【3】猫なで声があざとくてイヤだ…「声のトーンが高くなる」
「男の前では声色が変わる女子って信用できない気がする。でもそういう子って多いですよね」(10代男性)というように、男性の前で声を作る女性も不評のようです。特にアニメ声は万人受けするわけではないので、声質がそっち系統の人は、意識して落ち着いたトーンで話すようにしたいところです。

【4】男ならみんなそれに引っかかると思ってるの?「上目遣いで見る」
「やたら上目遣いでじっと見られても不気味だし、獲物を狙うハンターみたいで怖い」(10代男性)というように、好きな男性に向かってやりがちな「上目遣い」も、意図がわかりやすすぎて、ドン引きされる場合があるようです。試すなら、ここぞというタイミングだけにして、乱発するのは控えましょう。

【5】誰にでもやってそうで軽い女に思えてしまう…「やたらボディタッチする」
「ベタベタ触られれば触られるほど、こっちの気持ちは冷めてゆく」(20代男性)というように、気軽に体に触りまくるのも考え物かもしれません。普段からそういうノリでコミュニケーションを取る男性でなければ、よほど親しい間柄でない限り、一定の距離感を保つのが無難でしょう。

モテを期待してしたことのせいで、逆にモテなくなってしまったらもったいないので、気を付けましょう。(玉川きみか)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/14 9:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます