蛍原「3万」、宮迫「50万」!雨上がりYouTube「残酷格差」!!禁断コラボ不可避!?

拡大画像を見る

 雨上がり決死隊の蛍原徹(53)のYouTubeチャンネル『ホトゴルフ』が始動して5月13日で1週間になった。

 5月6日の初投稿となった動画で「(1日に)ゴルフのこと多分、15〜16時間考えているよ」と語るほど、頭の中がゴルフ一色の蛍原が立ち上げたゴルフ専門チャンネル。蛍原のファンのみならず、ゴルファーからの支持も受けて大盛況かと思いきや――。

「『ホトゴルフ』のスタートは大きな注目を集めましたが、あまり数字面には反映されていないようで、チャンネル登録者数3.24万人(5月13日21時時点=以下同)と伸び悩んでいます。

『ホトゴルフ』で蛍原さんは、5月8日と11日に、ナインティナインの岡村隆史さん(50)と東野幸治さん(53)という超ビッグネームの芸人2人とコースを回る強力なコンテンツを投稿。8日の動画は再生回数が約40万回になっているのですが、登録者の大幅な増加にはつながっていないようです」(WEB編集者)

■宮迫はチャンネル開設9日で登録者50万人!

 蛍原と一緒にコースを回った岡村はYouTubeチャンネルを持っていないが、東野は登録者数18.5万人がいるチャンネル『東野幸治』を運営している。

「登録者を増やす上で、人気クリエイターとのコラボは重要な戦略です。今回、蛍原さんはネームバリューのある2人と共演したのですが、テレビで活躍しているとはいえ、岡村さんはそもそもチャンネルがない、東野さんもそこまで登録者が多いわけではなく、コラボもまだしていない。ですので、あまり伸びていないのでしょう。

 やはり蛍原さんにとって誰よりも関係が深く、芸能人YouTuberでもトップクラスの人気がある相方の宮迫博之さん(51)を頼るのが、1番の良い手なのかもしれませんね」(前出のWEB編集者)

 宮迫は、2019年6月に発覚した闇営業騒動後、テレビ復帰を待たずして2020年1月29日から自身のチャンネル『宮迫ですッ!』でYouTuberとして活動を始めた。

「宮迫さんは始動した当初から、とてつもないスピードで登録者を増やしていき、開設からわずか9日間でその数は50万人に到達しました。その後、増加ペースは落ちたものの、現在まで140万人に登録者数を増やしています」(前同)

■強力コラボでスタートダッシュに成功!

 宮迫はチャンネル始動2日目の2020年1月30日に、人気YouTuberのヒカル(29・登録者438万人)、5日目となる同年2月2日にレペゼン地球(230万人)とのコラボを実現させている。

「宮迫さんの驚異的なスタートダッシュの要因に、ヒカルさんとレペゼン地球とのコラボがあったのは間違いないでしょう。宮迫さんも登録者数を多く抱えるYouTuberとのコラボで登録者を増やした1人なんです」(前出のWEB編集者)

 お笑いプロ関係者は言う。

「蛍原さんは芸能界でもっとも関係が深いはずの相方・宮迫さんがYouTubeで人気を得ているのですから、すぐにでもコラボしてチャンネルの人気を伸ばせる有利な立場ではあるんです。しかし、宮迫さんを取り巻く状況がなんとも微妙で……。

 2月12日発売の『FRIDAY』(講談社)の取材に対して、吉本の会長が、“もう戻らんでええと思うで。いちいちYouTubeでネタにすんなって話や。辞めてまで吉本のことネタにすんなよ”と、宮迫さんを突き放すようなコメントをしており、吉本への復帰は絶望的です。

 4月20日付の『スポニチアネックス』では、吉本興業が、宮迫さんと芸人の間で直接行われるYouTube出演交渉に難色を示し、宮迫さんサイドに今後はまず吉本に話を通してほしいという要請があったとの報道がありました」

■本音では、宮迫とのコラボはすぐにでもしたい!?

『スポニチアネックス』の報道に宮迫は4月22日、『【緊急動画】スポニチの記事について釈明します』と題した動画の中で、「ギャラ交渉もちゃんとマネジャーさんと会社の方ともやらせてもらってます」などと反論していた。

「宮迫さんは報道についてきちんと反論しているのですが、蛍原さんが宮迫さんに『ホトゴルフ』の始動を伝えようとしたものの、宮迫さんが電話に出なかったことがあったといいます。相方の大事な電話に出られなかったのも、宮迫さんがスポニチの報道を気にしていたからなのでは、ともささやかれていたんです。もちろん、たまたまタイミングが悪かっただけかもしれませんが、蛍原さんは“出えへんなあ”とボヤいていたという話ですね……。

 また、かつて、宮迫さんは、ライフワークとも言えた冠番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)でのコンビ復活を切望していた。それなのに、YouTubeでさらっとコンビを復活させるというのもどうなのか、と宮迫さんも蛍原さんも考えているのかもしれませんね」(前出のお笑いプロ関係者)

 5月6日付の『スポニチアネックス』では、蛍原サイドは、宮迫サイドからの“正式な依頼”があれば、コラボは“検討する”方針であることが報じられた。

「報道からからも、蛍原さんサイドが宮迫さんとのコラボに消極的な感じが伝わってきますよね。

 しかし、いざYouTubeが始まってみると思ったより数字が伸びない。趣味のゴルフのチャンネルなので、スタッフにギャラが払えて赤字が出なければOKというスタンスである可能性もありますが、稼ぐことが目的ならもっと登録者数が必要ですよね。

 蛍原さんは、もしかしたら本音では、すぐにでも数字が伸びる確率が高い宮迫さんとのコラボをしたい、と思っているかもしれないですね」(前同)

 スタート1週間時点での登録者数で、もの凄いコンビ間格差が明らかになった雨上がり決死隊。YouTubeでのコンビ復活も待ったなし!?

関連リンク

  • 5/14 7:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • その意味では、宮迫さんは先々は弟子を育ててコラボ動画したりリーダー・管理者的な立場で前面に出る負担を減らしてプロデュースやマネジメント的な役割を確立出来たら将来も安心かもね?※

  • YouTuberって休むと視聴者が離れるプレッシャーがキツそうだし!数年先の人気も収入も保証無いし?自転車操業的?な厳しさ有りそう※、体力的にも精神的にも半端なくキツそうだね※

  • 別天津神

    5/16 13:18

    宮迫君もこないだ、ゴルフでコラボしていたようですね。これはオファーがあれば、何時でもやるって事じゃないんかな?オファーがあれば検討するって…自分からオファー出せばいいじゃないの?吉本を通すのが難しい宮迫君より、自分から動こうよ、ホトちゃん…(˘・_・˘)

記事の無断転載を禁じます