お菓子だけじゃない!キッチンクリップの使いこなし術お教えします♪

こんにちは!家事コツ研究員の三木です。

食べかけの袋菓子を留めるのに便利な「キッチンクリップ」

ジッパーがついていない袋入り調味料を保存するのにも便利ですよね。私は普段、IKEAのキッチンクリップを愛用しています。

キッチンで何かと使えるキッチンクリップですが、実は使い方は無限大♪

今回は、私がふだん実践している、目からウロコの「キッチンクリップの使い方」をご紹介します。

キッチンクリップの「ダブル使い」で湿気撃退!

キッチンクリップを使うときは、1袋につき1個で留めることが多いでしょう。かつての私もそうでした。

ですが、キッチンクリップは1個で留めるよりも、2個使ってダブルで留めた方がより湿気りにくくなります

たとえば、このスナック菓子。

通常は、1個のクリップでこんな感じに保存しますよね。

でも、2個のキッチンクリップで両端を留めると…

より、空気が入りにくくなるのです!
大きな袋だと1個では留めづらいときもありますが、2個使えば簡単!袋がクシャッとしないので見た目もキレイですね♡

お菓子をお皿に取り出すときは、片方のクリップだけ外せばOK!食べたい分だけ、取り出せます。

大きめの袋や早く湿気てしまいそうなスナック菓子は、ダブル使いがおすすめです。

レトルトや袋の中身も残さず押し出せる!

レトルトカレーなど、袋に入った食べ物は、中身が余ってしまいがち。スプーンで取り出そうとしたら、手まで汚れてしまった…なんて経験はありませんか?

中身がまだ残っていてもったいない、けれど手は汚したくない…。そんなときは、キッチンクリップの出番です!

やり方はとっても簡単♪
今回は、味噌の袋で実践してみました。

味噌の袋を2つ折りにして、端っこにキッチンクリップを留めます。

留めた状態のまま、キッチンクリップを少しずつ下にずらします。

このとき、中身を押し出すイメージで、左右交互に下げていくのがコツです!

最後に、中身をグリグリ押し出せばOK!

キッチンクリップを使ったら、袋の中に残っていた味噌がこんなに取れました!お味噌汁1回分になりそうな量です。

味噌以外のレトルトカレーやミートソース、など袋に入っているものなら何でも使えるので、ぜひお試しを!

前髪のセルフカットにも超便利♡

キッチンクリップと言えば、食べ物をはじめキッチンで使うイメージがありますよね。

ですが、前髪のセルフカットも簡単にできちゃう優れものなのです!私はいつも、子どもたちの前髪を切るときに使っていますよ♪

使い方はとてもシンプル!

前髪の根本をクリップで留めて、切りたい長さの位置にクリップをずらします。

あとは、キッチンクリップからはみ出している毛をカットするだけ!このとき、ハサミを縦にして少しずつ切るのがポイントです。ぱっつん前髪にならないように、少しずつ切っていきます。

たったの5分で、簡単にセルフカットができました♪

髪留めクリップを使うよりも前髪が浮きにくいので、まっすぐキレイに切れますよ。

キッチンクリップはほどよく髪が留まるので、落ちてこないのも超便利!子どもの前髪はもちろん、自分の前髪を切るのもラクラクです。

コロナで気軽に美容院へ行けない今、キッチンクリップを使ったセルフカットはとても便利!前髪がうまく切れない方は、ぜひお試しください♪

キッチンクリップは安くて便利な家事アイテム♪

袋を留めるほかにも、暮らしの中でいろいろ役立つ「キッチンクリップ」。まだまだ便利な活用法がありそうですね!

使っていくうちに、「こんな使い方もあったんだ!」という新しい発見も見つかりそう♪これからもキッチンクリップの家事コツ研究を続けていきます!

文・写真/三木 ちな

関連リンク

  • 5/11 7:30
  • 暮らしニスタ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます