永山瑛太“紘一”に異動の話が…北川景子“咲”と真っ向から対立!?

拡大画像を見る

北川景子と永山瑛太が夫婦役で共演するドラマ『リコカツ』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第5話が、5月14日に放送される。

現代的で自由な家庭で育った自分に正直な女性・水口咲(北川)と、厳格な自衛官一家で育った航空救難団のエース隊員・緒原紘一(永山)が“交際ゼロ日”でスピード結婚。そんな2人を中心に、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女のもめ事を「リコカツ」というキーワードを通じて描き出す“離婚するかもエンターテインメント”。

先週放送された第4話で、咲と紘一は離婚を撤回することに。紘一の優しいハグに「こんなハグできたんだね」「ゆっくり大事そうに真正面からハグしたのめちゃくちゃ好き」といった声や、これに応じる咲についても「背伸びして抱き合ってるのかわい過ぎる」といった声が寄せられていた。

<第5話あらすじ>
咲(北川)と紘一(永山)は、離婚はせずにもう一度最初からやり直そうと心を新たにする。その夜、紘一の母・薫(宮崎美子)が自宅に戻って来たと正(酒向芳)から連絡が入る。二人が駆け付けると、薫は旅館で働いた給与明細を正に見せ、正式に離婚を迫る。

翌朝、咲は薫から、紘一の好きな料理の作り方を教えてもらうことに。一方、紘一は咲の母・美土里(三石琴乃)から離婚宣告されて落ち込んでいた武史(平田満)を心配し、咲の実家へと向かう。するとそこには武史の浮気相手と思われる城木里奈(中田クルミ)の姿が。さらに美土里から離婚届を託された青山貴也(高橋光臣)もやって来て、紘一、武史、貴也、里奈の4人はすき焼きを囲むことに。

そんな中、紘一に異動の話が持ち上がる。自宅と基地が離れていることを気にする上層部がいるというのだ。仕事のこと、咲とのことを考えた紘一は、基地に近い実家に引っ越そうと決意し、咲に提案。ところが、咲は小説家の水無月連(白洲迅)から「新境地を開くような小説を書きたい」とチャンスを与えられたばかりで、二人の意見は真っ向から対立。

咲と絋一はついに離婚へと進みだしてしまうのか……。

関連リンク

  • 5/14 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます