柳楽優弥「誰かハンカチを」 葛飾北斎の偉大さに圧倒されて汗?

 俳優の柳楽優弥と田中泯が13日、江戸東京博物館で催されたダブル主演映画『HOKUSAI』公開記念!大波トークイベントに、書家・芸術家の紫舟とともに出席。柳楽は本作で演じた天才絵師・葛飾北斎などについてトークを展開する一方、「すごく汗かいてる」と話し「後で誰かハンカチをもらえれば」と訴えた。

 本作は、その人生に関する資料がほとんど残されていない天才絵師・北斎(青年期:柳楽、老年期:田中)の生涯を、史実や作品が生まれた年代などをつなぎ合わせて構築したオリジナルストーリー。今まであまり語られることのなかった北斎の生き様を描く。

 本作は当初2020年5月29日に公開予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、公開が丸1年延期した。柳楽は「(コロナ禍に伴い)今まで経験したことのない(公開)延期だった。こういう時代の中で北斎の映画が持つ力強さ、北斎の生き方、北斎自身の強いエネルギーが映画を通して皆さんに伝われば」とアピールした。

 柳楽と田中の2人は、本イベント前に「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」を含む貴重な北斎作品を鑑賞。柳楽は「名作が集結していて、全て本物という状況に圧倒されました。傑作を目にして、すごくエネルギーをもらいました」と感想を語った。

 柳楽はまた、劇中の演技について紫舟から「最も難しい筆の所作がものすごく美しい」と褒められて「ありがとうございます。なんか汗かいてきました。(筆の所作に関しては)東京藝大の先生が2人来てくれたり、撮影前に役作りとして練習したりしました」と説明。

 その後も、壇上でスポットライトを浴び続けた柳楽は「僕、今すごい汗かいてる。北斎の熱量が…(笑)。後で誰かハンカチをもらえれば」と訴える一幕も見せた。

 柳楽は、田中の生き様にも触れて「10代から踊りを続けている。一つのことにしっかり向き合っている大先輩の姿を見ていると、勇気がもらえる」と称賛。それを聞いて田中は「(北斎と自身は)比較にはならないですが、しがみついて踊りを続けている。(北斎は)驚異的ですよね。果てしないものに立ち向かっているというか、想像を絶します。その情熱は本当にすごい力」と述べた。

 イベントでは、北斎の世界観をテーマに、紫舟が全長2mを超える和紙に大波を描くライブパフォーマンスも披露した。

 映画『HOKUSAI』は、5月28日より全国公開。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/13 15:40
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます