世帯年収1500万円以上の生活感「税金だけで毎年、ベンツが買える金額」「お金が余って月30万円貯蓄に回すことも」

拡大画像を見る

年収1500万円以上の世帯は、果たしてどんな暮らしぶりなのか。それだけの収入を稼いでいれば不満や不安はなさそうなイメージだが、そうでもないらしい。都内に住む30代女性(正社員)は、夫婦共働きで世帯年収1500万円。2人の子どもがいて、郊外に購入した戸建て住宅で暮らしている。

「小さい家ながらも、4年前に35年の住宅ローンを組み買いました。だからといって、いつも節約を心がけなければならないほど余裕のない生活ではありません。スーパーも超高級系でなければ、普通に買い物できます」

そう語る女性だが、今後は子どもの学費がかかってくることもあり、「家族旅行や家電の買い替えを検討する際には、大丈夫かなという不安はあります」と明かす。今回は、首都圏在住の世帯年収1500万円の人たちの声を紹介する。(文:鹿賀大資)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「家まではお金が回らないのが、この年収かなと思う」


30代男性(専門コンサル系/世帯年収1700万円)は、「夫婦共に年俸制なので、手取りは年間通して変わらず月100万円と少し」と明かす。現在は駅から徒歩3分の賃貸マンションに、夫婦で暮らしている。日常について「ブランド品に興味がないため、普段の生活で欲しいものを我慢することはほとんどない」と続ける。

「車は持たず、移動は電車かタクシー。毎月20万円は貯蓄に回すつもりでいるが、結局はお金が余って30万円くらいになっている。家を買おうか検討中だが、値段を考えてしまう。これから子どもができて、妻が時短勤務になれば、貯蓄額が目標よりも少なくなるので」

男性は「そこそこ良い物を買ったり、食べたりできる。でも家まではお金を回せないのが、この年収かなと思う」とコメント。また「税金は今のところあまり気にしていない。数年後、税率が上がる年収ゾーンに差しかかったら、節税のための対応を考えなきゃなと思っている」とも書いていた。

「気軽に『金持ちから税金を』と言ってほしくないです」

埼玉県の30代女性(金融・保険系)は夫婦共働きで、世帯年収2000万円。保育園に通う2人の子どもがいる。現時点での貯蓄額は1000万円で、「今後は資産運用を視野に入れています」と明かす。年収2000万円の余裕がうかがえるが、女性は「おそらく世間が思い描くような豊かな生活ではありません」と語る。

「月15万円の住宅ローン、月10万円の保育園料を差し引くと、自由に使えるお金はあまり残らず。湯水のようには使えません。ウチは食べる方なので、外食の出費が痛く、控える月もあります。月々のフローは回っておらず、ボーナスを切り崩している状況です」

そうは言っても世帯年収2000万円。桁違いのボーナス額をもらっていそうだ。

60代男性は専門コンサル系の会社を経営しており、世帯年収2400万円。住居費を除いた、食費や光熱費などの生活費は「月50万円です」といい、「この生活が厳しいとは、さすがに思いません」と綴る。

「外車を2台と、乗馬用の馬を持っています。でもブランド物には興味がないので、衣服はユニクロで済ませています。税金の金額はすごいです。毎年、ベンツが買える金額を支払うため、行政からたかられている気がします。会社経営なので、リスクもいっぱいありますよ」

男性は「気軽に『金持ちから税金を』と言ってほしくないです」と呼びかけていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円の40代男性「普段はユニクロで十分だが、お出かけ時は割引品のノースフェイス」
「妻が働かない。離婚したい」世帯年収800~1000万円、家族関係に不満がある人の声

関連リンク

  • 5/13 17:22
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます