井上小百合個人PVと、乃木坂46MVが描いた「虚構」の東京の姿【乃木坂46「個人PVという実験場」第18回4/6】

拡大画像を見る

乃木坂46「個人PVという実験場」

第18回 個人PVに現れる「都市」4/6

■ディストピア的世界の東京

 過去3回の更新では、乃木坂46の個人PVに登場する〈東京〉の風景を確認してきた。川村真洋や桜井玲香の初期個人PVは、「旅」というテーマに導かれつつ、ひんやりとしたビル街としての風景、あるいは多数の有名観光地を周遊できる土地としての風景など、この都市が見せるいくつもの顔を切り取ってきた。

 また、和田まあや主演の数年にわたる個人PV群では、ときに彼女自身の上京と重ね合わせられながら、無数の人々が集い息づく場所としての〈東京〉が、さまざまな角度から描写されていた。

 それらは、物語レベルでは虚実の水準はまちまちであれ、おおよそにおいて現実世界における今日の東京を舞台としていた。一方、〈東京〉は皆が日々、直接的・間接的に数限りなく目にする土地であり、またあまりに多くのコンテンツの舞台となっているだけに、その中にはしばしば、現実には生じたことのない虚構のイメージが託されもする。

 たとえば、7枚目シングル『バレッタ』収録の井上小百合個人PV「よせてはかえし」で描かれるのは、ディストピア的世界に置かれた東京である。

https://www.youtube.com/watch?v=paI1fwcXbo0
(※井上小百合個人PV「よせてはかえし」予告編)

 アニメーション監督の宮地昌幸が手掛けるこの個人PVは、第四次世界大戦で壊滅的な打撃を受けた東京が舞台となる。人間が地上で暮らすこともできないほどに街は汚染され、わずかに残った人々は無音の地下空間で日々を過ごしている。その生き残りも、やがては身体を蝕まれ滅びを待つほかない。かすかな望みを託された井上は、なかば人体実験として未来の東京へと送られる――。

 本編の大半が静止画と井上のナレーションで進行する本作では、井上が送り込まれた「未来」の風景がやはりスチールで表現されるが、そこにあるのは浅草や隅田川など、我々が知る現在の東京の姿である。

 滅びゆく世界よりもさらに先の世にたどりついたはずの彼女が、平穏な東京の風景に収まっている画は、奇妙なリアリティをもって迫ってくる。ディストピアへの道程をイメージとして設定することで、我々にとって同時代的なありふれたものであるはずの街並みが瞬時にノスタルジーを帯びていく、不可思議な体験がここにはある。

■セットとCGでヴァーチャルな渋谷を描く

 一方、東京の姿そのものを物理的に超現実の絵面にするためには、より大掛かりな処理が必要になる。そうした道具立てを用いた乃木坂46の映像作品が、2021年に入って発表された「Wilderness world」MVである。

https://www.youtube.com/watch?v=dvF5g1rvt-c
(※「Wilderness world」MV)

 同MVは、2019年に栃木県足利市に建設され、その後スタジオとして存続している「渋谷スクランブル交差点」のオープンセットを用いて撮影された。

 精巧に作られた道路面とCG再現による建物部分とによって、非常にリアルな渋谷の街並みでありつつ、一方できわめてアンリアルなレベルで、メンバー以外の人物や車両など人々の息遣いを感じさせる諸要素が排された画を実現している。また、MV後半ではそのように漂白されたスクランブル交差点をネオンカラーで彩り、さらに虚構のレベルを上げてみせる。

 もとより、アーティストを現実の渋谷の街並みとともに撮影する作品は、それこそ枚挙に暇がない。それら諸作品に映る渋谷とは、1970年代以降に開発が進行し、広告やメディアによって幻想を託された街並みである。

 そうした性格を帯びている渋谷はこの数十年来、「ヴァーチャル」な街として表象され論評されてもきた。「Wilderness world」MVではそのような議論とはまったく違う意味で、文字通りの「ヴァーチャル」な渋谷が採用され、「アーティストと渋谷」というごくポピュラーなマッチングを疑似的に描出している。

関連リンク

  • 5/13 17:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます