本気度を見極めろ!「遊びの女への可愛い」と「本命への可愛い」の違い

拡大画像を見る


「可愛い」と言われると、つい舞い上がってしまいますよね。しかし男性は本命の相手にも遊び目的の相手にも「可愛い」と言うので見極めが必要です!本気度によって「可愛い」にどんな違いがあるのか学んでおきましょう。


見た目が「可愛い」

遊び目的の男性は、とにかく女性を気分よくさせることで関係を作ろうとしてきます。そのため手っ取り早く見た目を「可愛い」と褒めてくることがあるでしょう。「顔が可愛い」「髪型が可愛い」などといった、誰でも言えそうな褒め方をしてくる男性は遊び目的です。男性は本当に好きな女性に対して、気軽に見た目を「可愛い」なんて言えないものだと覚えておきましょう。


身につけているものが「可愛い」

「その服可愛いね」とか「アクセサリー可愛いね」といった身につけているものをやたら褒めてくる男性にも注意です。一見女性同士でもよくあるやり取りなので気を許してしまいそうですが、用心しましょう。とりあえず目についたものを褒めておけば、警戒心も薄れて遊んでくれるだろうという心理があるのです。


内面が「可愛い」

男性にとって、外見も内面も素敵と思える女性が本命となります。外見ばかりを褒めてくる場合は遊びの可能性が高いですが、内面をたくさん褒めてくる場合は本命と考えてよいでしょう。「人見知りで可愛い」とか「元気で可愛い」のように、性格を可愛いと言ってくるのは女性のことをもっと理解しようとしている証拠です。


言動が「可愛い」

子どもの言動や動物の仕草って可愛くて癒やされますよね。男性にとって、それと近いものが本命の女性にはあるのだそうです。中には「目に入れても痛くない」レベルで女性のことを愛している方もいます。女性の反応や発言、行動に対して「可愛い!」と言ってくるのは、べた惚れしていると言っても過言ではないでしょう。


遊びの女性は外見を可愛いと言い、本命の女性は内面を可愛いと言うことはお分かりいただけたでしょうか?長いお付き合いをするうえで大事なのは、やはり内面です。本当のあなたを理解して愛してくれる男性を選びましょうね。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/13 17:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます