原作:村上春樹×主演:西島秀俊『ドライブ・マイ・カー』予告初公開

拡大画像を見る

この夏公開予定の村上春樹原作、西島秀俊主演、濱口竜介監督作『ドライブ・マイ・カー』。この世からいなくなった妻との記憶が刻まれた車。孤独な二人が辿りつく場所――。驚異的ストーリーと胸に迫る演技が導く、心突き動かされる圧巻のラストが待ち受ける注目作の予告が初お披露目。

この夏公開予定の映画『ドライブ・マイ・カー』。村上春樹による同名短編小説に惚れ込んだ濱口竜介が監督と脚本を担当。濱口監督は、カンヌ映画祭コンペティション部門に選出された『寝ても覚めても』や、ベルリン映画祭で銀熊賞受賞を果たした短編集『偶然と想像』、さらには脚本を手掛けた『スパイの妻』がヴェネチア映画祭銀獅子賞に輝くなど、国際的な舞台でその名を轟かせ、いま世界が最も熱い注目を寄せる気鋭監督のひとりだ。

©2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

物語の主人公は、俳優であり演出家の家福。愛する妻と満ち足りた日々を送っていたが、妻は秘密を残して突然この世からいなくなってしまう。2年後、演劇祭に愛車で向かった家福は、ある過去をもつ寡黙な専属ドライバーのみさきと出会う。行き場のない喪失を抱えて生きる家福は、みさきと過ごすなかであることに気づかされていく――。


家福役で主演を務めるのは日本映画界に欠かせない名優、西島秀俊。みさきを三浦透子が演じるほか、岡田将生、霧島れいか、と実力派俳優陣が集結。オリジナルの要素を加えながらも、原作の精神を受け継いだ驚異的な脚本と胸に迫る演技が導く、想像を超える圧巻のラスト。亡き妻の秘密を辿る果てに浮かび上がるものとは――。

この度、家福の愛車である真っ赤なサーブをめぐるロードムービー感漂う30秒の予告編が初お披露目。最愛の妻・音(霧島れいか)との幸せそうに見える夫婦生活から一転。妻を失い、喪失感を抱えている家福(西島秀俊)と、ある過去をもつ専属ドライバーのみさき(三浦透子)が海辺で車を走らせているシーンが映し出される。

寡黙ながらも、「あの車が好きです。とても大事にされているのが分かるので」と、みさきは家福の心に寄り添う言葉を放ち、徐々に孤独を分かち合っていくふたりの関係を予感させる。さらに、かつて音と交流があったことを匂わせる俳優の高槻(岡田将生)が、物語に広がりをもたせる存在として印象的に登場する。
家福とみさきが愛車サーブで走るその先に何が待っているのか。広島の美しい海辺のロケーションも相まって、ロードムービーとしての魅力も感じさる期待高まる予告編となった。更に今後、30秒予告【第2弾】の解禁も予定されており、映画の計り知れない全貌が徐々に明らかとなる予定。

『ドライブ・マイ・カー』
夏、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

関連リンク

  • 5/12 12:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます