結婚するのが怖い!【マリッジブルー】になったときの対処法4つ!

拡大画像を見る


現代では結婚に対する考え方は人によってさまざま。シングルライフを謳歌する人がいる一方で、心から愛する人と出会い、結婚を意識し始める人もいることでしょう。
しかし、結婚願望がある女性であっても、プロポーズを受けた後に徐々に結婚するのが怖くなってしまうことも…。
そこで今回は、マリッジブルーになったときの対処法についてご紹介していきます。


彼の長所に目を向ける

交際期間が長くなればなるほど、付き合いたての頃の新鮮な気持ちやときめきは薄らいでいくもの。
「最初は好ましいと思っていた彼の癖も、最近ではイライラするようになった」ということも珍しくありません。
一時的に彼に対する愛情が薄らいだり、本当にこのまま彼と結婚してよいのだろうかと迷いが生じたときには、彼の長所や彼を好きになった理由をもう一度思い返してみましょう。
人間誰しも、長所もあれば短所もあるものです。彼の長所に目を向けるようにすれば、結婚に対する不安が和らぐことでしょう。


既婚者に話を聞いてもらう

兄弟姉妹や仲の良い友達の中に既婚者がいれば、思い切って今マリッジブルーに陥っていることを伝え、相談してみましょう。
もしかするとその人物もあまたと同じようにマリッジブルーになり、それを乗り越えて結婚したのかもしれません。
たとえそうでなくとも、結婚に至るまでの不安や迷いを共感して聞いてくれることでしょう。話を聞いてもらうだけでもモヤモヤとした気持ちがすっきりしますし、アドバイスをもらうことができれば気持ちが楽になります。


結婚のメリットを明確にする

マリッジブルーに陥っているならば、もしも結婚しなかった場合、どのような人生になるのかについて考えてみてください。
結婚した場合と結婚しなかった場合のメリット・デメリットをじっくりと検討し、どちらの道を選ぶのが自分の人生にとって本当に幸せなのかを考える機会を持つことが大切です。


彼に今の気持ちを打ち明ける

そもそも結婚とは、彼とあなたの二人の問題です。あなたが一人で悩みや不安を抱え込む必要はどこにもありません。
「迷惑に思われたらどうしよう」と思わずに、思い切って今抱えているモヤモヤした気持ちを彼に伝えてみましょう。
彼があなたのことを本当に大切に思ってくれているのならば、その気持ちをじっくりと聞いて不安の解消に努めてくれるはず。
また、結婚前に腹を割って話し合うことで、お互いに対する理解がより高まり、結婚後の生活がスムーズになるというメリットもありますよ。


結婚に不安を感じるのはおかしいことではない

結婚式の打ち合わせや新生活に向けた準備を行っていくうちに、知らず知らずのうちにストレスを蓄積してしまい、結婚に対して迷いが生じることも珍しくありません。
そのようなときにはパートナーや家族、友人など信頼できる人に相談しましょう。マリッジブルーに陥ることは、決しておかしいことでも恥ずかしいことでもないのです。
また、「結婚そのものに不安はないけれど、新生活に対する漠然とした不安はある」という場合は、あえて深く考えないようにすることも一つの手ですよ。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/13 16:47
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます