日本代表、6月のキリンチャレンジ杯の対戦相手が発表…ジャマイカ、セルビアに決定

拡大画像を見る

 日本サッカー協会(JFA)は13日、6月に行うキリンチャレンジカップ2021の対戦相手を発表した。

 発表によると、日本代表は6月3日(木)に北海道/札幌ドームでジャマイカ代表と、6月11日(金)に兵庫/ノエビアスタジアム神戸でセルビア代表と対戦することが決定した。入国許可等については今後政府との調整を必要にしているという。なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策を行った上での開催となり、来場者数については自治体のイベント方針に従って決定となる。

 また、6月3日の試合は19時30分キックオフ予定でTBS系列にて、6月11日の試合は19時25分キックオフ予定でフジテレビ系列にて全国生中継されることも決定した。

 なお、FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選の日程も発表されており、日本代表は5月28日にミャンマー代表と、6月7日にタジキスタン代表と、6月15日にキルギス代表と対戦することが決定している。

関連リンク

  • 5/13 16:17
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます