『THE W』優勝の吉住は4位!「いま一番面白い女性芸人」ランキング

拡大画像を見る

 3月に行われた『R-1ぐらんぷり』(フジテレビ系)では、ゆりやんレトリィバァが優勝。渡辺直美は4月17日に渡米、本格的にアメリカでの活動をスタートさせた。このように、最近女性芸人たちの活躍が目覚ましい。そこで今回は10~40代の男女200人に「今一番面白いと思う女性芸人」について聞いてみた。

 第4位は、吉住。

 吉住は、昨年12月に行われた『女芸人No.1決定戦THE W』第4回大会で優勝をはたし、ブレイク。現在、バラエティ番組に引っ張りだこだ。ネタは主に1人コントで、恋愛を題材にしたネタが目立つが、独特なシチュエーションと秀逸な演技力で視聴者の心をつかんでいる。

 吉住を選んだ人からも「野球の審判ネタや対立する政党の議員の恋愛ネタなど視点が独特」(27歳/男性/企画・マーケティング)、「野球の審判のコントの世界観が好き」(29歳/男性/学生・フリーター)、「独特な世界観と高い演技力が見ていて楽しいし面白い。ネタが何個でも見たくなる」(16歳/女性/学生・フリーター)、「演技力がすごいからついつい引き込まれる。見えないはずの景色まで見える」(39歳/女性)、「演技力とネタの確か。シチュエーションによって話し方や声も変えてくるのがすごい」(48歳/男性/公務員)など、広い年齢層から称賛の声が上がった。

 第3位は、友近。

 旅館の女将や仲居、ピザの配達員など、一人コントが持ちネタの友近。中森明菜や黒柳徹子などのものまねもうまく、大御所演歌歌手の水谷八重子いうオリジナルキャラで、CD、DVDをリリース。水谷八重子として明治座などでライブも行った。

 友近を選んだ人からは「才能があると思うし作るキャラ一つ一つが面白い」(37歳/女性)、「モノマネのバラエティが豊富。いろいろなパターンの笑いを見せてくれる」(27歳/男性/営業・販売)、「持ちネタが多く、どれもレベルが高い」(55歳/男性/企画・マーケティング)、「一周回ってやっぱり面白い。安定感がある」(50歳/女性/コンピュータ関連技術職)など、ネタのクオリティを挙げる人が多数。他に「トーク力がすごい」(20歳/男性)、「話術がすごい。面白い」(50歳/女性/主婦)と、トークスキル挙げる人たちもいた。

■1位にはなんと2人の人物が!

 そして第1位は、渡辺直美とゆりやんレトリィバァが同率でランクイン。

 2人は昨年、レディー・ガガとアリアナ・グランデのコラボ曲『Rain On Me』のオフィシャルパロディ動画で共演、渡辺がガガ、ゆりやんがアリアナにふんし、ダンスを完コピ。ガガ本人から絶賛されていた。

 インスタグラムのフォロワーが950万超えの渡辺直美は、芸暦10周年を迎えた2016年にワールドツアーを行い、昨年にはアメリカに拠点を移す予定だったがコロナ禍で断念。今年4月、ついに日本での仕事を一旦休止し、アメリカへと渡った。

 そんな渡辺には、「何をやっても、話も面白いところ」(28歳/女性/総務・人事・事務)、「コンプレックスを笑いに変える明るいキャラクターと、自然体でその場を和ませる愉快な人柄が魅力的。尊敬できる」(26歳/男性)、「YouTubeの生配信アーカイブをすべて見ましたが、芸人さんとして面白いことはもちろん、多くの人の目に触れることを配慮して、お仕事している姿勢が魅力的だと思います」(21歳/女性/学生・フリーター)、「傲慢じゃないところが素敵だし、応援したくなる」(27歳/女性/学生・フリーター)、「常に明るくて楽しい。ファッションやデザインなどいろんなことにチャレンジしていてすごい」(36歳/男性/会社経営・役員)、「アメリカでも活躍しそう。ものまねダンスパフォーマンスは最高に面白い」(59歳/男性/営業・販売)など、若い世代だけでなく上の世代からの評価も高かった。

 第1回目の『THE W』、2021年『R-1』で優勝をはたしたゆりやんレトリィバァは、NSCを首席で卒業したお笑いエリート。漫談やコント、得意のダンスや英語、ピアノなどを活かしたネタを得意としている。昨年からダイエットを始め、今年4月には45キロのダイエットに成功したことを報告。またゆりやんも、今後アメリカでの活動を目指していることを語っている。

 そんなゆりやんには、「体形と動きがいちいちコミカル」(57歳/男性/研究・開発)、「ネタが面白い。表情や間が独特」(29歳/女性/営業・販売)、「パフォーマンス自体の精度が高い。想像もできないようなコントをやっている」(35歳/男性/総務・人事・事務)、「」(36歳/女性/総務・人事・事務)、「ボケがうまい。お茶目なところも好き」(23歳/女性/学生・フリーター)、「機転が利き、体を張った演技も魅力。突き抜けていて面白い」(49歳/男性)、「R-1の予選のネタが面白かった。アドリブが多くユニーク。とても個性的だから」(30歳/男性/コンピュータ関連以外の技術職)など、唯一無比な笑いが評価されていた。

 他には、お笑い第7世代といわれるぼる塾、3時のヒロインの2トリオも大人気で、若手ではフワちゃん、ベテランでは阿佐ヶ谷姉妹も多くの票を集めていた。

関連リンク

  • 5/13 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます