出川哲朗「愛があるかどうかはすぐわかる」“悪口の境界”に共感の声続出!

拡大画像を見る

 5月7日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)で、出川哲朗(57)が口にした言葉に共感の声が上がった。今回、出川の他、三浦瑠麗(40)、声優の小野賢章(31)、高橋愛(34)らがゲスト出演し、ダウンタウン松本人志(57)、さまぁ~ずと本音トークを繰り広げた。

 番組終盤、三浦は人の悪口は言わないようにしており、「悪口っていうのは回りまわって絶対耳に入る」「その人に面と向かって批難されるより回りまわって入るほうが嫌な感じするじゃないですか」と、悪口を言わない理由を語った。また三浦は、最近のSNSでの悪口に触れ、「一方で悪口ダメよって言ってる人が、自分でめっちゃ悪口言ってたり」と苦笑い。

 三浦は「許されるタイプの悪口とダメな悪口があるらしい」と、SNSでのコメントにモヤモヤしていると明かし、「悪口の境界線」について疑問を投げかけた。この難しい問題定義に、松本は「これに対しては哲っちゃんに聞いてみましょう」と出川に丸投げ。

 出川は「えええ~!」と驚いていたが、「これは難しいところで、何をもって悪口というか」と慎重に言葉を選びながら口を開き、「たとえば僕なんてそれこそ悪口を言われ続けた先鋒なんで」とコメント。松本に「先鋒?」とツッコまれると、「さきがけか」と言い直し、「ずーっと“抱かれたくない”だの“気持ち悪い”だの、“嫌いな男”だとかさんざんいわれてた」と、かつての女性誌などでの扱いを振り返った。

 出川は「それに対して、別にそれは悪いことだとかいわれないし、ギャグで返さなきゃしょうがないし」と当時の心境を語り、一方で「初めてそういうので1位になったときは、芸人としてやっと有名になったんだっていう喜び」「なんでもアンケートで1位になるってことはそんだけみんなに認識もらったってことだから、やっぱ芸人としてはうれしかった」と告白。「一人の人間としては、そのときつきあってた彼女もいるわけだし、家族もいるわけじゃないですか」「その彼女の気持ちとか考えたらやっぱ人間としてはどうなんだろうって、だって抱かれたくない男に彼女は抱かれてるわけだから」と、そのときの複雑な気持ちも明かした。

■「自分が目立つため」に言っていた人も

 さらに出川は「イジりってやっぱ言ったほうが愛情あるかどうかだと思うんですよ」「言われたほうは、やっぱイジられたときに言ってる人たちが愛があるかどうか、ここは正直はっきりわかるから」と断言。

 出川は、松本、さまぁ~ずも「僕のことバカにしまくってる」が「もう愛をめちゃくちゃ感じる」と力説。しかしそれに乗っかってイジってくる面識のないグラビアアイドルなどにイジられたときは「僕のためにイジってくれてるんじゃなくて自分が目立つために言ってる」と愛の有無について語り、「愛のあるイジりだったら良いとは言えないけど、テレビの場合はいいんじゃないか」と自論を展開した。

 出川の見解に、視聴者からは「悪口の境界線の話、まじでみんな思ってることを言ってくれた」「出川哲っちゃんが良いこと言ってた。悪口かどうかは愛があるかどうか」「イジられ続けてる哲っちゃんだから言えることだね」「出川さんは悪口を全部受けきってきたんだ」「これは学校とかでもイジメにも言えることだね」など称賛の声が続いた。

『週刊女性』(主婦と生活社)が昨年発表した「抱かれたくない男」ランキングでは、 “多目的トイレ不倫”で世間を騒がせたアンジャッシュの渡部建(48)が堂々の1位を獲得。ちなみに、出川は5位にランクインしていた。

 最近の出川は、冠番組を持ったり、複数のCMに出演するなど世間での好感度も高いが、先月モデルのマリエ(33)が告発した枕営業疑惑騒動の渦中にもいる。出川の事務所は否定コメントを発表したが、その後さらにマリエが自身の告発は「真実」だと発信。いまだ騒動は終息していない。今後、出川はどんな発言をするのだろうか。

関連リンク

  • 5/13 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます